楽天はフリマ「ラクマ」で、家事代行サービスを通じて手間をかけずに不要品などを販売できるサービスを期間限定で始める。

名称は「楽ラクお助け隊」。家事代行サービスの「Bears」(運営はベアーズ)、出品代行サービス「トリクル」(運営はSpice」と連携した。

「Bears」の家事代行者が自宅の片付けを通じて不要品の仕分け・整理を行い、「ラクマ」ユーザーは売りたい商品を選定。片付けサポート完了後、トリクルのスタッフが自宅に駆けつけ、商品の撮影から出品・梱包・発送・取引を行う。

販売が成立した際は、後日トリクルがユーザーへ売上金を入金する。手数料は売上金の30%と購入者への送料。「ラクマ」ユーザーは手間をかけずに自宅を整理しながら、商品の販売を行うことができる。

「家事代行」の料金は3時間で1万7900円(スタッフ2人)。スタッフ交通費として1800円が必要。

楽天はフリマ「ラクマ」で、家事代行サービスを通じて手間をかけずに不要品などを販売できるサービスを期間限定でスタート。家事代行サービスの「Bears」(運営はベアーズ)、出品代行サービス「トリクル」(運営はSpice」と連携した
「楽ラクお助け隊」の連携内容

申し込み期間は1月29日から4月30日(火)までで、サービス提供期間は2月10日から5月末。家事代行の需要がもっとも高い春まで展開し、利用ユーザーの声を聞きながら、サービスの常時展開などを検討する。

競合の「メルカリ」は2018年に家事支援サービスのカジタクと組み、期間限定で自宅内の不要品の仕分け・整理から、「メルカリ」への出品サポートまでをワンストップで提供するサービスを展開していた。

タッグを組む事業者にもメリット

「ラクマ」の3社連携はそれぞれの事業者にも大きなメリットがあるという。

「Bears」ではユーザーからフリマ出品までの対応を求める声があがっていた。また、「トリクル」は事業者出品禁止の「ラクマ」でビジネスを展開できるので、販路拡大につながる。

一方、「ラクマ」もフリマ出品が“手間”と考えていたユーザーを取り込めるメリットがある。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム