ヤフーとイオン九州は、弁当や飲料などを注文から最短30分で配達する「PayPayダッシュ」の実証実験を、3月16日から福岡市内で行うと発表した。

「PayPayダッシュ」のアプリは3月12日から提供をスタート。イオンショッパーズ福岡店の約150種類の商品を自転車で配達する。

ユーザーが「PayPayダッシュ」のアプリで配達先を指定し、弁当やパン、飲料、菓子などの商品を注文すると、最短30分で商品を受け取れる。

「PayPayダッシュ」の配達員は、注文を受けてから店舗で商品をピックアップし、自転車で商品を届けるという。

送料は3月31日まで無料。4月以降は注文状況などに変動するとしている。実証実験の対象地域は福岡市中央区と博多区。

ヤフーとイオン九州は、弁当や飲料などを注文から最短30分で配達する「PayPayダッシュ」の実証実験を、3月16日から福岡市内で行うと発表
「PayPayダッシュ」の利用方法

ヤフーとイオン九州は実証実験を通じて、実店舗から配達先までのラストワンマイルの即時配達ニーズを把握し、取扱商品の拡大や他の地域での展開を検討する。

「PayPayダッシュ」はイオン九州とソフトバンクグループが進めている物流分野における協業の一環。2019年には、イオンショッパーズ福岡店のネットスーパーの商品を午後10~11時を含む時間帯に配送する実証実験を行った。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]