よろしければこちらもご覧ください

ファーストリテイリングが4月9日に発表した2020年8月期中間期(2019年9月-2020年2月期)連結決算によると、国内ユニクロ事業におけるEC売上高は前年同期比8.3%増の525億5000万円だった。

EC売上高は前年同期(2018年9月-2019年2月)を上回ったものの、暖冬の影響で冬物コア商品の販売に苦戦したことから増収率は鈍化した。前年同期のEC売上高の増収率は30.3%だった。

なお、2019年8月期中間期のEC売上高は485億2800万円、 通期では832億2800百万円。

EC化率は約11%

国内ユニクロ事業の実店舗を含む売上収益全体に占めるECの割合(EC化率)は、2020年8月期中間期時点で約11%。EC化率は前年同期の9.9%から上昇している。

EC化率が高まった要因として、EC売上高が伸びたほか、実店舗の売り上げが減少したことも影響した。

国内ユニクロ事業の2020年8月期中間期の売上収益は、前年同期比5.7%減の4635億7400万円だった。

2019年8月期連結決算における「国内ユニクロ事業」のEC売上高は前期比32.0%増の832億円。EC化率は前の期の7.3%から9.5%へ上昇していた。

ファーストリテイリングが10月10日に発表した2019年2月期連結決算によると、「国内ユニクロ事業」のEC売上高は前期比32.0%増の832億円
「国内ユニクロ事業」のEC売上高と構成比の推移(表は編集部が決算資料を基に作成)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

通販/EC業界の専門紙を発行する新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。EC業界のBtoB領域に特化した編集プロダクションとして活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム