よろしければこちらもご覧ください

EY Japanが10月27日に発表した新型コロナウイルス感染症流行後の国内消費者の行動変容に関する調査結果によると、ネット通販で購入した商品の配送料金の許容料金について、最も多かった回答は「0円」で27%を占めた。

「1~200円程度」は23%、「201~400円程度」が25%。50%近くが200~400円程度までなら送料を購入者自身で支払うことを容認できる意向を示している。

EY Japanの新型コロナウイルス感染症流行後の国内消費者の行動変容に関する調査結果 オンライン購入時の配送料許容額
オンライン購入時の配送料許容額

新型コロナウイルス感染症流行後、以前と比べて消費者が許容できる配送リードタイムも延びている。調査では「配送に4日以上かかってもいい」と回答した人が新型コロナ流行前の32%から15ポイント増の47%に。8~11日まで容認と回答した比率は、新型コロナ流行前の7%から11%に増加した。

EY Japanの新型コロナウイルス感染症流行後の国内消費者の行動変容に関する調査結果 オンライン購入時に許容できる配送リードタイム(日数)
オンライン購入時に許容できる配送リードタイム(日数)

「配送におけるウイルス対策」に価値を感じると回答したのは、回答者の42%を占めている。特に女性の60代以上は58%、女性の50代以上は51%と過半数以上が価値を感じると回答している。

オンライン購入を行う際、「配送における感染対策が万全であること」を重要と感じるとの回答は、特に60代以上の消費者に多く見られ、高齢者層はオンライン購入においても感染への不安を抱いていることがわかった。

EY Japanの新型コロナウイルス感染症流行後の国内消費者の行動変容に関する調査結果 「配送におけるウイルス対策」に感じる価
「配送におけるウイルス対策」に感じる価値について

「置き配便」ができることに価値を感じると回答したのは32%。女性の20代は41%、30代は39%となっているほか、男性の20代は34%、30代が32%を占め、20~30代の若年層を中心に「置き配」サービスの利用を重視する傾向となっている。

EY Japanの新型コロナウイルス感染症流行後の国内消費者の行動変容に関する調査結果 「置き配便」ができることに価値を感じる
「置き配便」ができることへの価値についてる

新型コロナウイルス感染症の流行は、消費者のオンライン購買行動を活発化させ、さらに配送料金やリードタイムといった購入時の購買心理も変化させている。

調査概要について

  • 調査対象者:日本国内に居住する20歳から75歳の男女
  • サンプル数:7000サンプル(エリア・性別・年代に基づく人口構成比割付)
  • 調査実施期間:2020年8月21-31日
  • 調査対象エリア:関東首都圏、近畿、中京エリア
  • 調査手法:オンラインサーベイ
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム