よろしければこちらもご覧ください

Zホールディングスが10月30日に発表した2020年4-9月期(中間期)連結決算によると、ショッピング事業の取扱高は前年同期比68.3%増の6996億円だった。

ショッピング事業は第1四半期に同85.9%増の3793億円、第2四半期は同51.3%増の3203億円。ZOZOの連結子会社化や「PayPayモール」の拡大が寄与している。

Zホールディングス2020年中間期 ヤフーショッピング PayPayモールなど
EC関連の第2四半期(7-9月)における数値(画像はZホールディングスの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

第2四半期のショッピング事業は、「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」でコロナ禍の影響により新規購入者数および新規出店申込数が増加。新規購入者数は同38.0%増、新規出店申込数は同34.0%増だった。

Zホールディングス2020年中間期 ヤフーショッピング PayPayモールなど
第2四半期のショッピング事業について(画像はZホールディングスの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

ロイヤリティプログラム「PayPay STEP」の拡大を図り、サービスの利用に応じて最大で20%のポイントを付与。ECの利用以外に決済の利用やカード会員など、複数サービスのユーザーに対して販促も強化した。「PayPay STEP」を活用することでPayPay経済圏の拡大につなげた。

Zホールディングス2020年中間期 ヤフーショッピング PayPayモールなど
ロイヤリティプログラム「PayPay STEP」の拡大①(画像はZホールディングスの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)
Zホールディングス2020年中間期 ヤフーショッピング PayPayモールなど
ロイヤリティプログラム「PayPay STEP」の拡大②(画像はZホールディングスの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

オンライン上で実店舗の在庫確認、ネットでの申し込み商品を店舗で受け取れたりする「X(クロス)ショッピング」の導入済み・導入予定企業は9月末時点で66ストア、店舗数は8622店に拡大した。

Zホールディングス2020年中間期 ヤフーショッピング PayPayモールなど
「X(クロス)ショッピング」について(画像はZホールディングスの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

「ショッピング事業」「リユース事業」「サービス・デジタル事業」「アスクルBtoB」「その他」の取扱高を合算した「eコマース取扱高」は、中間期で1兆4922億円(前年同期比25.5%増)。第1四半期は7073億円で同21.1%増、第2四半期は同29.8%増の7849億円。

今期は物流・配送関連のサービス強化も図る。スピード配送、さまざまな受け取り方法を提供して利便性の高い配送を実施している企業を「優良配送」と定義、UI/UX上でわかりやすく表示する。

Zホールディングス2020年中間期 ヤフーショッピング PayPayモールなど
物流 ・配送の強化(画像はZホールディングスの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム