よろしければこちらもご覧ください

ブランドのファン育成・活性化を手がけるアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は11月6日、EC事業者向けのInstagramマーケティング支援ツール「imstream(インストリーム)」を提供するトゥーワンラボと、EC領域における販売促進支援事業に関して資本業務提携を締結したと発表した。

AMNグループが保有するUGC収集・分析ノウハウや特許テクノロジーを活用し、共同でソリューション開発、さまざまな業界でECの販促支援を推進する。

Instagram投稿画像を抽出し EC サ イトに商品を紐付け

ファッションECサイトの「fifth」などが利用する「imstream」は、インスタグラムに独自のハッシュタグを付けて投稿すると、投稿画像を抽出しECサイトに商品を紐づけて掲載するというもの。

「fifth」の利用例(画像:プレスリリースからキャプチャ)

掲載した投稿画像ごとの露出数、画像クリック、商品リンク遷移、カート、CV(コンバージョン)数/率、売上金額を管理画面で確認することができるため、画像ごとの販売貢献価値を可視化できる。

SNSマーケティングを行うガイアックスが実施した「SNS マーケティング最新レポート企業の SNS 担当者 150 名への独自調査」によると、Instagramは企業が「今後もっと注力したいSNS」として第1位にあげられている。

今回の締結で、AMNとトゥーワンラボは企業利用のニーズが高まっているInstagramを有効活用することで、クライアントのECにおける売上貢献を支援する。

具体的な取り組みとしては、AMNの「アンバサダープログラム」のUGC活用による販売促進連携、動画特許テクノロジーを活用した来訪促進・情報共有ソリューション開発、D2Cや中小企業向けInstagram活用販促パッケージ開発など。

「UGC」が消費者の購買決定に及ぼす影響力が増していることから、今後InstagramはSNSマーケティングの中でもより重要なものとなっていくことが推測されます。(AMNのプレスリリースより)

imstream と連携した UGC 活用と情報流通のイメージ
imstreamと連携したUGC活用と情報流通のイメージ(画像:AMNプレスリリースより)

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

公文 紫都

ネットショップ担当者フォーラム編集部

公文 紫都(Shizu Kumon)

通販・EC業界専門紙記者、ITベンチャー勤務を経て2012年に独立。8年間フリーでライターをした後、2020年4月からネットショップ担当者フォーラム編集部に在籍。4年間NYで暮らしていた経験を生かし、海外の展示会取材なども積極的に行っている。猫派。@shidu

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム