よろしければこちらもご覧ください

店舗販売員のデジタル接客を可能にし、EC売上に対する貢献度を可視化するツール「STAFF START」を提供するバニッシュ・スタンダードとLINEは5月14日、業務提携契約を締結したと発表。新サービス「LINE STAFF START」の共同開発を行い、2021年秋頃のサービスローンチをめざす。

7万人超の店舗スタッフ、LINE公式アカウントの開設が可能に

「LINE STAFF START」は、「STAFF START」に登録している7万人超の店舗スタッフのLINE公式アカウント開設を可能にし、LINEを通じたオンライン接客が行えるというもの。主に以下の取り組みが行われる予定。

「STAFF START」登録コンテンツと連携、オンライン接客に活用

「STAFF START」に登録しているコンテンツ(商品やコーディネートなど)を手軽にLINE公式アカウントと連携し、メッセージとして配信。店頭での接客やLINEを通じた会話から得た情報をもとに、1人ひとりの顧客にあった商品などのコンテンツ提案が行えるようになる。

「LINE STAFF START」を通じた接客イメージ
「LINE STAFF START」を通じた接客イメージ(画像:「LINE STAFF START」紹介サイトより編集部がキャプチャ)

従来から、やり取りのために店舗スタッフと顧客間で、LINEやSNSアカウントを交換するケースはあったが、スタッフのLINEアカウントはプライベートで使用していることが多く、積極的にコミュニケーションが行えなかったという。また、企業側も店舗スタッフと顧客とのやり取りが見えず、オフィシャルなコミュニケーション手段として、LINEやSNSを採用しにくいという課題もあった。

「LINE STAFF START」は、企業側がどのスタッフにアカウントを発行し、どのようなやり取りをしているか把握できることから、LINEを公式の接客手段として活用しやすくなる

LINEでつながった顧客にコーディネート提案を送るイメージ
LINEでつながった顧客にコーディネート提案を送るイメージ(画像:「LINE STAFF START」紹介サイトより編集部がキャプチャ)

チャット機能やメッセージ、ビデオ通話やLIVEを利用できるほか、LINEのメッセージを通して自社ECサイトで売り上げがあった場合、店舗スタッフ個人の集客・売り上げとして可視化できる。

LINE STAFF STARTで利用可能予定の各種機能
「LINE STAFF START」で利用可能予定の各種機能(画像:「LINE STAFF START」紹介サイトより編集部がキャプチャ)

また、LINEを使った販売活動の実績をもとに、店舗スタッフの売上ランキングの確認、売れ筋商品、コンテンツの分析もできるという。

LIVEの利用イメージ
LIVEの利用イメージ(画像:「LINE STAFF START」紹介サイトより編集部がキャプチャ)

店頭での購買履歴や来店履歴との連携

デジタル会員証などをLINE上で提供することで、LINEアカウントとひも付いたオフラインの購買履歴を取り入れることができる。購買履歴や来店履歴に基づいたお得な情報を、LINE公式アカウントを通じて届けたり、日々のオンライン接客に生かすことが可能になる。

LINE Beaconを活用し、店頭での来店検知も行う予定。STAFF STARTとの提携を発表したLINEのオンラインカンファレンス「LINE BIZ DAY 2021」(2021年5月14日)によると、販売員はLINEでフォローされている「友だち」の来店を検知、過去の購入履歴を確認しながら接客ができるなど、オフラインでも「パーソナライズ」された接客を実現する機能の提供も検討しているという。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

公文 紫都

ネットショップ担当者フォーラム編集部

公文 紫都(Shizu Kumon)

通販・EC業界専門紙記者、ITベンチャー勤務を経て2012年に独立。8年間フリーでライターをした後、2020年4月からネットショップ担当者フォーラム編集部に在籍。4年間NYで暮らしていた経験を生かし、海外の展示会取材なども積極的に行っている。猫派。@shidu

ニュース分類: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint メルカート
[スポンサー]
株式会社アイル 株式会社電通デジタル