よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは11月12日、「PayPayモール」出店ストアの実店舗にある商品を購入して近隣の実店舗や配送で受け取れる新機能の提供を開始した。

「ヤマダデンキ PayPayモール店」がこの機能を導入し、全国649店のヤマダ電機の店舗在庫約5800点が購入できるようにした。「ZOZOTOWN PayPayモール店」を通じて一部ブランドでの試験導入も開始しており、対応企業・店舗は今後も拡大する予定。

ヤフーは「PayPayモール」出店ストアの実店舗にある商品を購入して近隣の実店舗や配送で受け取れる新機能の提供を開始

消費者は出店ストアの実店舗にある商品も含めて「PayPayモール」上で欲しい商品を検索、購入できるようになり、商品購入の選択肢が広がる。購入した商品を最寄りの実店舗で受け取ることも可能。実店舗で実際の商品を手にとって確認した上で、キャンセルすることもできる。

一方で、実店舗の集客につながり、商品を受け取りに来たユーザーが実店舗で別の商品を購入するといった「ついで買い」による売上増が見込めるとしている。

ヤフーは「PayPayモール」出店ストアの実店舗にある商品を購入して近隣の実店舗や配送で受け取れる新機能の提供を開始
新機能のイメージ

ヤフーは2020年3月、「PayPayモール」上で出店ストアの実店舗における在庫状況を確認できる機能の提供を開始。親会社のZホールディングスはオンラインストアと実店舗をシームレスにつなぎ、ユーザーが実店舗の在庫もWeb上で確認して欲しいものを希望の方法で購入・受け取りできる世界の実現をめざす「X(クロス)ショッピング」構想を公表している。

その一環としてヤフーは在庫状況を確認できる機能の提供をスタート。オンライン上で実店舗の在庫確認、ネットでの申し込み商品を店舗で受け取れたりする「Xショッピング」の導入済み・導入予定企業は2020年9月末時点で66ストア、店舗数は8622店に拡大している。

Zホールディングス2020年中間期 ヤフーショッピング PayPayモールなど
「X(クロス)ショッピング」について(画像はZホールディングスの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

現状、実店舗とオンラインストアとの間で在庫情報が連携されていないケースは多く、オンラインストアの商品が売り切れた際には、実店舗に在庫があるにもかかわらず販売機会を失っていることがある。ユーザーにとっても、欲しい商品の在庫が近隣の実店舗にあっても知ることができず、購入の機会を逸してしまっている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム