よろしければこちらもご覧ください

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップはコロナ禍における2020年7月~9月の消費者によるEC利用状況を調査、それによると注文件数は月平均で66%増、新規顧客は2倍に増えている。

「futureshop」シリーズを利用している約2700店舗のなかから、2019年と2020年7月~9月の期間中、各月の注文件数が100件以上の店舗の中から500店舗を無作為に抽出。導入店舗におけるECサイト利用状況を調べた。

注文件数

2020年7月~9月における月平均の注文件数は前年同期比66.15%増。9月の落ち込みは「昨年同月の消費税増税前の駆け込み需要による影響と推測される。

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップはコロナ禍における2020年7月~9月の消費者によるEC利用状況を調査
ECサイトの注文件数

購入単価の変化

PC経由がスマートフォン経由よりも2割程度高い。「9月の数字が購入単価としては期間中高いものの、前年同月比としてはわずかに低い数字を示したことから、前年の消費税増税前の駆け込み需要はまとめ買いが発生していたことが伺える」(フューチャーショップ)

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップはコロナ禍における2020年7月~9月の消費者によるEC利用状況を調査
デバイスごとの購入単価の変化

新規顧客利用状況

2020年7月~9月の期間中、新たに会員登録した顧客の利用を新規利用として算出。緊急事態宣言解除後、各月の新規顧客利用が前年同月比2倍で推移している。

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップはコロナ禍における2020年7月~9月の消費者によるEC利用状況を調査
新規顧客利用状況

決済手段の変化

2020年7月~9月の決済手段では、利用された決済方法を「クレジットカード」「ID・QR決済(Amazon Pay、楽天ペイ(オンライン決済)、Apple Pay、PayPay)」「現金・その他決済(店頭払いや後払い、銀行振込やコンビニ払いなど)」の3つにわけ、各月の総注文件数を1として集計した。

現金利用の割合が減少、キャッシュレス・消費者還元事業が終了後もキャッシュレス決済の利用が増えている。

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップはコロナ禍における2020年7月~9月の消費者によるEC利用状況を調査
決済手段の変化

流通総額

「futureshop」シリーズの2020年7月~9月における流通総額は前年同期比41%増の382億円。

「キッズ・ベビー・マタニティ」「水・ソフトドリンク」「食品」などの生活必需品や日用品は引き続き高い利用を維持。外出機会の増大にも伴い、「車用品・バイク用品」「バッグ・小物・ブランド雑貨」が上位にあがっている。

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップはコロナ禍における2020年7月~9月の消費者によるEC利用状況を調査
業種による伸び率

 

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム