楽天グループの2021年1-9月期(第3四半期累計)連結業績における国内EC流通総額は3兆4558億円で前年同期比13.6%増だった。出店店舗数は2021年9月末から707店舗増の5万5939店舗。

国内EC流通総額は「楽天市場」の流通総額に加え、トラベル(宿泊流通)、ブックス、ゴルフ、ファッション、ドリームビジネス、ビューティ、デリバリー、楽天24(ダイレクト)、オートビジネス、ラクマ、Rebates、楽天西友ネットスーパーなどの流通額を合算した数値。

2021年7-9月期(第3四半期)の国内EC流通総額は同1兆1781億円で同7.6%増。ショッピングECの流通総額は同8.7%増。ショッピングECは、「楽天市場」、1stパーティー(ファッション、ブックス、楽天24、楽天西友ネットスーパー)、オープンEC(Rebates、楽天ペイ オンライン決済)、ラクマが対象。

楽天グループ 四半期ベースの国内EC流通総額推移
四半期ベースの国内EC流通総額推移(画像はIR資料からキャプチャ)
楽天市場のショッピングECの流通総額、ショッピングEC流通総額
ショッピングECの流通総額など(画像はIR資料からキャプチャ)

「楽天市場」で2021年4-6月期(第2四半期)に購入したユーザーが7-9月期(第3四半期)に商品購入した割合は75%。2020年を通して利用を開始した新規・復活ユーザーが定着し、購入者増加とユーザーあたりの購入頻度も継続的に拡大したとしている。

クロスユースも順調に拡大。 「楽天市場」「Rakuten Fashion」を利用したユーザーは前年同期比30.2%増、 「楽天市場」「楽天西友ネットスーパー」を利用したユーザーは同37.1%増。

 「楽天市場」「Rakuten Fashion」を利用したユーザー、 「楽天市場」「楽天西友ネットスーパー」を利用したユーザー
クロスユースについて(画像はIR資料からキャプチャ)

楽天グループは2021年通期国内EC流通総額について、5兆円の突破を目標としている。2020年度(2020年1~12月期)国内EC流通総額は前期比19.9%増の4兆4510億円だった。

楽天グループの国内EC流通総額の推移
国内EC流通総額の推移(画像はIR資料からキャプチャ)

 

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]