よろしければこちらもご覧ください

バニッシュ・スタンダードは、DXアプリケーションサービス「STAFF START」と、LINEが提供する「LINE公式アカウント」をかけ合わせた新しいオンライン接客サービス「LINE STAFF START」の本格提供を開始した。

「LINE STAFF START」とは

「LINE STAFF START」は、店舗スタッフがLINE公式アカウントを通して友だち追加をしたユーザーに対して、メッセージ配信などができるサービス。商品やコーディネートの紹介、キャンペーンの告知、チャットによるオンライン接客などに活用できる。

LINE STAFF START LINE公式アカウント バニッシュ・スタンダード 接客のイメージ
「LINE STAFF START」を通じた接客のイメージ

「LINE STAFF START」を通じた接客がどの程度購買につながったか、スタッフ個人の売り上げを可視化できるため、本部はスタッフ個人や所属店舗の評価に利用できる。

LINE STAFF START LINE公式アカウント バニッシュ・スタンダード 集客・売り上げの可視化 ランキング
個人の集客・売り上げの可視化、店舗スタッフの売り上げランキングを確認できる
(画像は「STAFF START」サイトからキャプチャ)

LINEを通じたユーザー1人ひとりに商品紹介などが可能に

LINE公式アカウントには、1to1で会話ができる「LINEチャット」、友だち追加したユーザーに一斉にメッセージを送信できる「メッセージ配信」、特定のユーザーとビデオ通話ができる「LINEコール」、リアルタイムに複数に対して配信ができる「LIVE配信」など接客に使えるさまざまな機能があり、これらを活用したオンライン接客ができる。

LINE STAFF START LINE公式アカウント バニッシュ・スタンダード LINEの機能
「LINE STAFF START」で使用できるLINE公式アカウントの機能
(画像は「STAFF START」サイトからキャプチャ)

「LINEコール」で商品を動画で紹介した後、「LINEチャット」で商品ページのリンクを送るというように、機能を組み合わせてよりリッチな1to1オンライン接客が実現可能となる。

通常、LINE公式アカウントでは各料金プランの無料メッセージ通数分を超える配信には通数課金がかかるが、「LINE STAFF START」の配信は通数課金の対象にならない。

紹介したい商品を簡単にレコメンドできる

LINE公式アカウントの管理画面は、企業の商品マスタと連携する「STAFF START」とシステム連携している。そのため、店舗スタッフがユーザーに紹介したい商品を管理画面上で選び、簡単にレコメンドすることができる。

それにより、店舗スタッフは商品を探す工数が削減され、より接客そのものに注力できるようになる。

LINE STAFF START LINE公式アカウント バニッシュ・スタンダード レコメンドの例
商品レコメンドのイメージ画像(画像は「STAFF START」サイトからキャプチャ)

来店検知機能を実装予定

ユーザーが来店したタイミングに合わせて、買い物に役立つ情報を届けたり、LINE公式アカウントで店舗スタッフと友だちになっているユーザーが来店した際、店舗スタッフにプッシュ通知が来たりするような「来店検知機能」の実装を予定している。

LINE STAFF START LINE公式アカウント バニッシュ・スタンダード 来店通知機能
「来店検知機能」のイメージ

アパレル、コスメ、家電量販店などさまざまな業種・業界が利用

「LINE STAFF START」の本格提供開始に伴い、アパレル、コスメ、家電量販店、家具・インテリアなどさまざまな業種・業界の企業、ブランドによるサービス導入、店舗スタッフの活用が決定しているという。

LINE STAFF START LINE公式アカウント バニッシュ・スタンダード 導入企業事例
バロックジャパンリミテッド、パル、ヤマダデンキ、大塚家具などがサービスを導入する
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]