よろしければこちらもご覧ください

アマゾンジャパンは、「Amazonブラックフライデー」や年末商戦などを前に、物流拠点と配送拠点のインフラを強化したと発表した。

物流拠点のフルフィルメントセンターの面積拡大

2021年9月に東京都青梅市、同年10月には千葉県流山市に新たなフルフィルメントセンターを開設。保管容量は前年比10%増加し、フルフィルメント by Amazon(FBA)を利用する中小規模の販売事業者が使えるスペースも増えた。また、Amazon Robotics(AR)など高度な技術と自動化が導入されているという。

現在、国内のフルフィルメントセンターは約20か所で、約40万立方メートル以上の保管スペースを確保している。

amazonは千葉県流山市に新たなフルフィルメントセンターを開設
千葉県流山市のフルフィルメントセンター

東京、千葉、埼玉にデリバリーステーションを新設

新たに5つのデリバリーステーションを東京都、千葉県、埼玉県に開設し、配送拠点は全国で約30か所に拡充した。

また、デリバリーサービスパートナープログラム(DSP)によるデリバリーパートナーのネットワークを構築。比較的人口の少ない宮崎県、大分県などの地域で地元の配送業者がラストワンマイルの配送サービスを構築した。

アマゾンジャパンは現在、東京都、大阪府、千葉県、埼玉県、神奈川県など日本全国の都道府県で、何千人もの「Amazon Flex」配送パートナーと連携している。

商品の受け取り場所・方法を拡充

東京都、埼玉県、千葉県、大阪府など23都道府県に1800台以上のAmazonロッカーを設置、商品の受け取り場所を拡大している。

設置場所を拡大しているAmazonロッカー
設置場所を拡大しているAmazonロッカー

新しいAmazonロッカーは完全な非接触型を採用。バーコードリーダーやタッチスクリーンの代わりに、Bluetoothを使ってロッカーを開けることができる。アプリ上の案内も簡素化し、受け取りたい場所のロッカーを探しやすくした。

現在、「置き配指定サービス」を30都道府県で導入している。マンションの「置き配」に対応するため、オートロック付きマンションでAmazonの商品をスムーズに配達できる配送サービス「Key for Business(キー・フォー・ビジネス)」の展開地域を拡大。10都府県、800棟以上のマンションで「Key for Business」が利用できるようになった。対象地域は、北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡。

マンションの「置き配」に対応するため、オートロック付きマンションでAmazonの商品をスムーズに配達できる配送サービス「Key for Business(キー・フォー・ビジネス)」の展開地域を拡大
「Key for Business」も拡充している

Amazonプライム会員向けの「当日便」を拡充

注文当日に商品を届ける「当日便」のサービスにおいて、東京都内21区のAmazonプライム会員を対象に注文から数時間で商品を届けるようにした。

Amazonプライム会員は、午前9時までの注文で同日午後4時から午後8時の間に、午後1時までの注文で同日午後6時から午後10時の間に商品を受け取れるようになる。アマゾンジャパンは数十種類のカテゴリから最大150万点の商品を、都内21区のAmazonプライム会員に配達する。

◇◇◇

アマゾンジャパンによると、こうした物流関連の拡充で、2021年を通して物流・配送ネットワーク全体で数千人規模の雇用機会を創出したという。また、年末商戦などに向けて商品の保管能力と配送能力を強化するため、約3000人を追加雇用したとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]