大日本印刷(DNP)は1月7日、中国でのネット通販展開を検討する日本企業向けに、インターネットを通じたテストマーケティング支援サービスを開始した。中国でECサイトを展開している恒川システムと共同で、商品のサンプル配布やアンケート調査、市場分析などを行う。中国では商品販売など新規事業を始める際のリサーチ活動が容易ではなく、同サービスを行っている企業は少ない。DNPは支援サービスを通じて日本企業の中国進出を支援する考え。

サービスは中国の生活者から商品サンプルのモニターをインターネットで募集し、その評価などをインターネットで収集。1か月間の応募・アクセス状況やアンケートの分析結果などから中国での事業展開の可能性を判断し、報告書としてまとめて提出するというもの。

対象は日本の通販企業やメーカーなどで、商品ジャンルは特に限定していない。日本企業向けの窓口はDNPが担当し、中国でのサイト運営や商品サンプルの配布などを恒川システムが手がける。

プランは2種類を用意。商品1種・20個までのトライアルプランが20万円から、同5種・計100個までのスタンダードプランは50万円から。

DNPでは、「アリババの上場や、2015年の独身の日に1日間の流通総額が1兆円を超えるといった報道がされるなど、再度中国EC市場に注目が集まっているためサービスを開始することにした」(広報部)としている。中国市場のテストマーケティングのニーズは高いとみて、2015年度に1億円の売り上げを目指す。

今後、テストマーケティングに基づく詳細なマーケティングリサーチや、中国のネットショッピングモールへの出店、企業独自のECサイト構築などの支援サービスの展開も計画している。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]