テレビ通販最大手ジュピターショップチャンネルの2015年3月期の売上高は前年比2.8%増の1365億円だった。創業以来18期連続の増収。ネット通販売り上げの割合は2割程度と推測されており、300億円前後だったとみられる。

利益面を見ると、営業利益は222億6300万円。経常利益は229億5700万円、当期純利益は145億900万円だった。

ちなみに営業原価は684億7800万円。地上波の番組枠購入といった番組枠の取得に関する費用がかかるものの、基本的に大きなプロモーションへの投資は必要としないビジネスモデル。売上高営業利益率は約16%で、一般的な小売業の多くが1桁前半という最終利益率で落ち着くことを考えると、高水準の利益体質を誇る。

ショップチャンネルは2013年3月期を初年度とした「新中期経営計画」を策定。①さらなる商品力・番組力・オペレーションの強化による収益基盤の拡充②顧客基盤の維持・拡大③インターネット販売の強化・拡大④海外(アジア)市場への新規事業展開─の4点を重点施策として取り組んできた。

ネット通販の分野では、ECサイトだけで購入できる「ネット限定商品」の拡充、インターネットサイトの利便性・機能性の向上に注力。「24時間いつでも・どこでもショップチャンネルを楽しんでいただける環境と、コンテンツ作りを進めている」という。

前期のネット通販分野では、これまで漁業や農業がメインだったインターネット放送による魚介類や農産物の販売に加え、畜産物を動画を活用してネット販売を行う取り組みも始めた。

インターネット上で漁や野菜収穫などの現場を生中継して魚介類や農産物を販売する通販・ECサービスで、「生キャラメル」で知られる花畑牧場と組んでチーズの販売などを行った。これまで漁業や農業がメインだったが、畜産業界にも進出。チーズの製造工程や商品の魅力をネット上の動画で伝え、EC購入に結び付ける。

「ショップチャンネル顧客データ」(2014年3月末現在)によると、ショップチャンネルの顧客層は女性が91%を占める。年齢層は、60代が最も多く30%、50代が28%、70代が16%で、50代以上が占める割合は74%。40代は18%にとどまり、地上波テレビCMでは40代の開拓につなげる。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム