リピート通販向け支援サービスを提供するアンダスは11月11日、PCやテレビ、雑誌、折込チラシなどさまざまな媒体向けに個別の番号を付け、各媒体の反応を正確に測ることができる電話効果計測ツール「Call-Marketing(コールマーケティング)」の提供を開始した。集計したデータをもとに分析を行うことで、より効果的なプロモーションが行えるようになる。

「コールマーケティング」は、オンライン・オフラインを問わず、ユーザーが接触するあらゆる媒体向けに個別の電話番号を発番。システムを経由し転送することで、電話での入電数を正確に測定することができるASPサービス。フリービットが提供する電話効果測定ツール「AdSip」をもとに開発した。

現在使っている問い合わせフォームに計測タグを差し込むと、Web問い合わせを「コールマーケティング」の管理画面上で確認できることが可能。広告ごとの電話件数とWeb問い合わせ件数がわかるようになる。

電話のあった電話番号はすべて履歴として管理画面に残るので、不在時や繁忙時などの受けられなかった電話に「折り返し電話」することが可能。

今後はレポート機能やデータ連携などを充実し、2016年末までには300社の導入をめざす。利用料金は、月額2万5000円(税抜)からとなっている。

「Call-Marketing」の料金体系

 

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム