アーバンリサーチは3月1日、リアル店舗と同様の接客サービスを提供するECサイト「URBS-URBAN RESEARCH BUYERS SELECT-」をオープンした。

新サイトはバイヤーと表参道ヒルズ店スタッフが携わる接客重視のECサイト。アーバンリサーチによると「次世代のリアル店舗型オンラインストア」という。

商品はバイヤーがセレクトした高感度ブランドのみを取り扱う。商品紹介はバイヤーがなぜ扱いを決めたのかといったヒストリーを含んだ商品紹介を行う。

ECサイト上にはチャット機能を搭載し、表参道ヒルズの店頭スタッフと直接やり取りしながら商品選びできる仕組みを構築。アウトソーシングはせずに、完全自社で運営する。

在庫は表参道ヒルズ店と一元化した。店舗とオンラインを結び、オンライン上にいる消費者にリアルな接客を提供するとしている。

チェット接客もするアーバンリサーチの新通販サイト「URBS-URBAN RESEARCH BUYERS SELECT-」をオープン

新ECサイトでのオンライン上との接客の様子(画像は編集部がキャプチャ)

オンライン上の接客はスマートフォンサイト上で実店舗のような接客体験を提供する販促プラットフォーム「Flipdesk」の導入で実現。サイトに埋め込んだタグで訪問者の行動を自動で解析し、状況に応じてクーポン発行やキャンペーン告知、チャットサポートなどの最適な接客が行えるようになる。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]