よろしければこちらもご覧ください

消費者が最もブランド価値が高いと思ったのは「Amazon」――。

日経BPコンサルティングが3月25日に公表したブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2016」で、消費者が選ぶブランド価値が高い企業(BtoC編)で初めて「Amazon」が首位を獲得した。2位はGoogle、3位がYouTubeとIT系ブランドがトップ3を占めた。

アマゾンは2002年の調査の「総合力」第694位から、10年前の2006年調査で第85位と初めてトップ100入り。2009年の調査以降はトップ50をキープし、2014年調査以降はトップ5を維持していた。

「アマゾン」は消費者が選ぶブランド価値が最も高い企業、日経BPコンサルティングのブランド・ジャパン2016評価

日経BPコンサルティングは「アマゾン」を次のように評価している。

商品配送スピードや取扱商品の拡がり、KindleやFire TVといったハードウエアの提供とそれらを介したコンテンツ配信、さらには「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」による企業へのクラウドサービス提供まで、時代の流れを的確に掴みながら事業の質と量をともに成長させてきた。

「総合力」を構成する4つの因子別スコア(下記のグラフ)では、「イノベーティブ(革新)」で119.4ポイントと最も高い評価を獲得。前回の94.2ポイントから、25.2ポイントと大幅に伸びた。

「アマゾン」は消費者が選ぶブランド価値が最も高い企業、日経BPコンサルティングのブランド・ジャパン2016評価

2012年から日本国内でテレビCMを開始したほか、ドローンによる配送実験など、消費者へのイメージ浸透を促すトピックも続いており、こうした複合的な要因が特に「イノベーティブ」を向上させ、首位獲得につながったと考えられるという。

ブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2016」は2015年11月から12月にかけて実施、回答者数は約5万6000人。

国内で使用されているブランドを一般消費者日本最大規模のブランド価値評価調査プロジェクト。2001年に第1回調査を実施し、今回が16回目。一般消費者から回答を求める「BtoC(コンシューマー市場)編」は調査対象1000ブランド。

BtoC編では企業ブランドと製品・サービスブランド合わせて1000ブランドを対象に調査。ブランド価値の「総合力」を算出する際、「フレンドリー(親しみ)」、「コンビニエント(便利さ)」、「アウトスタンディング(卓越性)」、「イノベーティブ(革新性)」の4指標を採用。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]