自転車の店舗販売、ネット通販を手掛ける、あさひは7月3日から、ネットで注文して店頭で商品を受け取る「ネットで・注文お店で受取り」サービスを本格展開する。同サービスを扱うウェブサイトを刷新、スマートフォン(スマホ)対応するなど、店舗とネットのチャネルを連携したオムニチャネルマーケティングに本腰を入れる。

「ネットで・注文お店で受取り」は2013年3月に開始。ネットで注文し、全国の「サイクルベースあさひ」の店舗で整備された自転車が受け取れる仕組み。業界初の店頭受け取りサービスという。

1年超のサービス提供で顧客の支持を得たことから、本格展開に本腰を入れる。このほど同サービスを扱うウェブサイトを刷新。7月3日にはスマホ対応し、「いつでも・どこでも」簡単に自転車を注文できる環境を整えた。

あさひによると、自転車を店舗で受け取るため、ネットで購入・配送するサービスと比べて、送料無料、アフターサービスが充実しているという。また、すぐに自転車を使うことができることができ、通販特有の負担や不安を解消したとしている。

あさひは、自転車の愛好家、スポーツユーザー向け商品を扱う「ネットワーキング店」、一般ユーザー向けにPB(プライベートブランド)商品を中心とした商品を提供する「サイクルモール」を展開している。

今期(2015年2月期)はPB商品の取り扱い量拡大への対策に加え、自社物流倉庫の増築によるECの物流体制の強化などで、ネット通販事業の拡充につなげる。

あさひはオムニチャネルマーケティングに本腰を入れる

スマホにも対応し、ネットで注文して店頭で受け取るオムニチャネルを本格化する
この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]