現在地

今週は「ラクマ」と「メルカリ」というフリマアプリ関連のニュースが続きました。「手数料無料」でユーザーを引き付けてきた「ラクマ」ですが、出品、購入共に3.5%の手数料を徴収するようになります。「メルカリ」は2017年6月期の流通総額が前期比74.6%増の2,480億円と絶好調。今期はZOZOTOWNの流通総額を超える見通しです。

  1. 楽天のフリマアプリ「ラクマ」、販売手数料を3.5%に改定

    販売手数料無料施策は終了、先行する「メルカリ」は売買成立時に10%の手数料を徴収している

    2018/5/15
  2. メルカリの流通総額は2480億円(17/6)、今期は「ZOZO」超え3000億円突破の見込み

    今期(2018年6月期)の流通総額は2017年7月~2018年3月期(第3四半期累計)で2660億円となり、2017年6月期の実績を超えた

    2018/5/15
  3. 中小企業のECサイト運営がうまくいかない理由は、初期段階の判断ミスに有り

    なぜかネットショップ運営がおかしな方向に向かっていることが多い中小企業。その理由を考察します(連載第9回)

    2018/5/14
  4. LINEログインの利用者が急増! ECサイトが実装するメリットとは?

    ソーシャルログインのなかでもLINEログインが大きく成長しています

    2018/5/16
  5. EC荷物を料金一律&全国のファミマ店舗で受け取れる「コンビニ受取サービス(コトリ)」をスクロール360が開始

    配送費用は全国一律で税別450円。コンビニ店頭で商品代金を支払うことも可能で、代引き手数料は一律200円

    2018/5/11
  6. 楽天の国内EC流通総額は11%増の8576億円【2018年1Qまとめ】

    楽天は今後も楽天ダイレクトなどの直販事業、CtoC事業の「ラクマ」への積極投資を続けていくとしている

    2018/5/11
  7. セブン&アイが全国展開を決めたコンビニ商品のECサービス「ネットコンビニ」とは

    スマホで注文すると、コンビニ商品が最短2時間で届く

    2018/5/15
  8. EC利用者の58%はアマゾンで商品検索をスタート。グーグルのSEOだけでなくAmazon内の表示対策が大切な理由

    オンラインで商品を探す消費者の58%は、アマゾンで検索をスタートしています

    2018/5/17
  9. フェリシモのジリ貧脱却策――「規模の経済は終了。顧客との継続的な関係性が生命線」

    宮本執行役員はこう言う。「今後重要になってくるのは関係性を重んじた経済であり、顧客とどれだけ継続的に付き合えるかが生命線になる」

    2018/5/14
  10. ZOZOスーツだけじゃない! ZOZOTOWNが起こす3つの革命と3つの試みとは?【ネッ担まとめ】

    ネットショップ担当者が読んでおくべき2018年5月7日〜13日のニュース

    2018/5/15

    ※期間内のPV数によるランキングです。一部のまとめ記事や殿堂入り記事はランキング集計から除外されています。

    この記事が役に立ったらシェア!
    記事種別: 

    ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

    [ゴールドスポンサー]
    楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
    [スポンサー]
    株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム