中国大手ECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は10月5日、ドローンで生鮮品を輸送する取り組みを中国で開始したと発表した。

上海蟹の産地である陽澄湖の湖畔から付近の自社配送ステーションまで、飛行時間3分で配送するという。

配送効率を上げることで、より新鮮な状態で上海蟹を消費者に提供できるとしている。

JD.comが始めたドローンによる生鮮食品の配送
JD.comが始めたドローンによる生鮮食品の配送

京東は2015年12月にドローン開発に着手し、2017年からドローンによる物流に取り組んでいる。今回使用するドローンの最大飛行は半径10km、最大積載量は10kg。

京東の生鮮食品事業である京東生鮮は、京東物流と連携して中国全土190都市で当日中の配達を行っているという。北京、上海、広州の倉庫を使うことで、同地区では注文から最短4時間以内で配達する。

また、約50種類の蟹ブランドにブロックチェーントレーサビリティとドッキング技術を導入。消費者は、商品パッケージに貼られたQRコードをスキャンすると、蟹の産地や成長環境、品質検査結果、捕獲日などの情報を確認することができる。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム