フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリの2019年6月期連結業績における流通総額は、前期比43.2%増の5307億円だった。2018年6月期に続いて40%台の高い伸び率を維持している(2018年6月期は48.1%増)。

日本事業の流通総額は同41.3%増の4902億円で、2018年6月期に続いて40%台の高い伸び率を記録。マンスリーアクティブユーザー(MAU)は2019年6月期に1357万人へ達した。

フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリの2019年6月期連結業績における流通総額
日本事業の流通総額、MAUの推移(画像はメルカリの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

日本の流通総額は、「メルカリ カウル」「メルカリ メゾンズ」「CARTUNE」経由を含む数値。

なお、売上高は同44.5%増の516億円。営業損失は121億4900万円で、当期純損失は137億6400万円。

女性関連以外のカテゴリーの流通割合が増加

商品カテゴリー別の構成比を見ると、「レディース」が23%で最も高いが前期から2ポイント下がった。「エンタメ ホビー」は21%で前期比2ポイント増。「メンズ」は16%で同1ポイント増、「家電」は前期に続いて8%。

女性関連のカテゴリーと位置付けている「レディース/コスメ・美容/ベビーキッズ」の合計割合は2018年の38%から、2019年6月期はに34%に下がった。メルカリは近年、さらなる成長に向け女性関連以外のカテゴリーを戦略的に強化している。

フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリのカテゴリー別のGMV構成比
メルカリ事業(日本)のカテゴリー別GMV構成比(画像はメルカリの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

AIの積極活用を進める

プロダクト施策として進めているのが出品ユーザーエクスペリエンスの向上。バーコード出品、AIによる画像検索、画像10枚対応による情報掲載料の増加などを行った。

フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリのカテゴリー別のプロダクト施策
メルカリ事業(日本)のプロダクト施策(画像はメルカリの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

メルカリでは、潜在出品顧客は国内に3600万人存在すると見ており、持続的な成長に向けて出品者の増加施策を実施する。

中心に掲げるのがAIを活用したプロダクト施策。出品予定の商品を撮影するとAIによって売れ筋の価格帯がわかる機能など、AIテクノロジーを活用した圧倒的なユーザー体験を提供するとしている。

フリマアプリ「メルカリ」のAIを活用したプロダクト施策
AIを活用したプロダクト施策(画像はメルカリの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

また、メルカリ講習会、外部コミュニティサイトとの連携強化、郵便局などでの梱包・発送場所の増加といったリアルタッチポイントの強化も進める。

フリマアプリ「メルカリ」のオフライン施策による出品拡大
オフライン施策による出品拡大(画像はメルカリの決算説明会資料から編集部がキャプチャ)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム