博報堂は10月2日、購買行動を起点にマーケティングを実践する博報堂買物研究所が実施した「情報氾濫時代に利用したいチャネル」に関する調査結果を発表した。

情報が氾濫する時代、生活者はどのようなチャネルを好んで利用し、買い物体験を求めているのか調べたところ、利用したいチャネルの1位は「テナント型ECサイト」、2位は「マーケットプレイス型ECサイト」が選ばれた。

利用したい買い物チャネルのランキングでは、「テナント型」「マーケットプレイス型」のECチャネルが上位を独占。3位は「食品スーパー」、4位は「ドラッグストア」など、リアル店舗もトップ10の半分を占めている。「食材宅配サービス」が6位にランクインした。

博報堂は、購買行動を起点にマーケティングを実践する博報堂買物研究所が実施した「情報氾濫時代に利用したいチャネル」に関する調査を実施 利用したい販売チャネル

トップ10に入ったチャネルを利用する際に、利用者は何を感じているのか分析したところ、「楽しめる」「選べる」の2つのグループに大別された。

「楽しめる」チャネルは、ECサイトや動画・音楽の定額配信サービスなど。ECは「利用・購入する際にワクワクできる仕掛けがある」「売り場の情報に発見や驚きを感じる」など、楽しさ、驚き、発見のある体験が評価されていた。

「選べる」チャネルには、食品スーパーやドラッグストアなどが含まれる。「直感的に選びやすい」「ここで商品(サービス)を選ぶのは大した手間ではない」など、リアルなチャネルに行けば、欲しいモノを直感的に選べる点が評価されているようだ。

博報堂は、購買行動を起点にマーケティングを実践する博報堂買物研究所が実施した「情報氾濫時代に利用したいチャネル」に関する調査を実施 利用したい販売チャネル

利用したいチャネルトップ20では、EC以外のチャネルも健闘している。12位に「ディスカウントストア」、13位に「家電量販店」、17位に「家具量販店」がランクイン。

博報堂は、購買行動を起点にマーケティングを実践する博報堂買物研究所が実施した「情報氾濫時代に利用したいチャネル」に関する調査を実施 利用したい販売チャネル

ECを中心とした「楽しめる」チャネルでは、その場にアクセスしたり、行くだけで得られる楽しさ、驚き、発見とともに、商品・サービスとの出会い「買いたい」という気持ちを高ぶらせることができるという。

リアル店舗を中心とした「選べる」チャネルでは、編集された分かりやすいチャネル作りによって、欲しいモノを直感的に「選べる」という確信を得ることができる。

博報堂は、購買行動を起点にマーケティングを実践する博報堂買物研究所が実施した「情報氾濫時代に利用したいチャネル」に関する調査を実施 利用したい販売チャネル

生活者はそれぞれの体験を通じて、適切な情報を得つつ、情報過剰のストレスを乗り越え自分にとっての「ここちよい買い物」を実現している。情報過剰時代、買い物における情報ストレスを軽減し、生活者に心地よい意思決定を後押しする仕掛けがますます求められそうだ。

博報堂は、購買行動を起点にマーケティングを実践する博報堂買物研究所が実施した「情報氾濫時代に利用したいチャネル」に関する調査を実施 利用したい販売チャネル

調査概要

  • 調査地域:全国
  • 調査時期:2019年3月15日~18日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:20歳から69歳の男女(各年代100人ずつ)
  • サンプル数:1000人
  • 調査期間:エム・アール・エス広告調査
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム