[AD]

ECサイトを訪問したユーザーがまず行うのは、サイト内での「キーワード検索」との回答者が圧倒的に多い――

NTTレゾナントが実施した1000人超へのユーザー調査で、ECサイトを利用するユーザーのこんな消費行動が浮き彫りになっている。

1000人以上の消費者を対象に、NTTレゾナントが実施した「ファッション」「家電」「日用品・化粧品」「書籍・音楽」の4ジャンルの商品購入時における「サイト内検索」の利用状況調査。

その結果から、「キーワード検索」を行うユーザーは各商品ジャンルとも共通して大多数を占めていることが判明。一方、キーワード検索を行うときに「ほしい商品が出てこない」「関係のない商品ばかり表示される」といった不満も数多くあがっている。

「ファッション」「家電」「日用品・化粧品」「書籍・音楽」の4ジャンルの商品購入時における商品の探し方
「ファッション」「家電」「日用品・化粧品」「書籍・音楽」の4ジャンルの商品購入時における商品の探し方

すべてのジャンルで、回答者のうち半数近くが「ほしい商品が検索結果の上位に出てこない」と回答。また、キーワード検索をして目当ての商品が見つからなかった場合、キーワードを変えて再検索する人は「1度だけ試す」「2~3回まで試す」と回答した人が大半を占めている

消費者1000人超に聞いた買いやすいECサイトのポイント
~「ファッション」「日用品」「家電」「書籍類」ごとの行動調査~ 誌面イメージ
PDFのダウンロードはこちら 「Impress Business Library」(インプレス・ビジネスライブラリー)に移動します

ECサイトでの買い物も効率的に行いたいといったニーズの増加、利用するデバイスのモバイルシフトなどが進む昨今のEC業界。事業者には、「簡単に購入できる」「利便性が高い」「買いやすい」などのカスタマーエクスペリエンスがさらに求められるようになってきた。そのための手法の1つとしてあげられるのが、買いやすさを向上する「サイト内検索」。

買いやすさの向上は顧客の定着化につながり、将来的には企業価値やロイヤルティのアップに直結する。皆さんに無料で提供する資料は、商品購入時における「サイト内検索」の利用状況、消費者の検索行動の傾向、その消費行動から最適なサイト内検索サービスの設計のヒントなど、買い物体験の向上に関する解決策などをまとめている。


CONTENTS

  • 問題提起: ECサイト訪問者がまず行う行動は「キーワード検索」
    • 日用品・化粧品日用品 など(ドラッグストア等で取り扱っている商品)
    • 家電 白物、美容、AV機器、イヤホン等の小物
    • 書籍類 書籍、音楽(DVD、CD)関連グッズ
    • ファッション 衣類、アクセサリー、靴、バッグ、スポーツ用品
  • サイト訪問後のユーザー行動で最も多いのは「サイト内検索」。やるべき対策は?
  • 買い物体験を向上するサイト内検索対策 「goo Search Solution」3つの特徴
  • 「goo Search Solution」導入でサイト内検索の改善を実現した4つの事例

無料でダウンロードできる資料(PDF)のご案内

消費者1000人超に聞いた買いやすいECサイトのポイント
~「ファッション」「日用品」「家電」「書籍類」ごとの行動調査~表紙イメージ
消費者1000人超に聞いた買いやすいECサイトのポイント
~「ファッション」「日用品」「家電」「書籍類」ごとの行動調査~

NTTレゾナントが1000人以上の消費者に「ファッション」「家電」「日用品・化粧品」「書籍・音楽」の4ジャンルの商品購入時における「サイト内検索」の利用状況を調査。ネットショップ担当者フォーラム編集部が解説。

PDFのダウンロードはこちら 「Impress Business Library」(インプレス・ビジネスライブラリー)に移動します
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム