よろしければこちらもご覧ください

BtoB-ECサイトの構築・運用において、拡張性×初期コスト/事業規模で分類される3パターン(専門書『BtoB-EC市場の現状と販売チャネルEC化の手引き2020[今後デジタル化が進むBtoBとECがもたらす変革]』の連載第1回を参照)のうち、パターンB「業務に合わせてカスタマイズ可」に該当するカスタマイズ型パッケージシステム「SI Web Shopping」。BtoC-ECでも実績のあるシステムインテグレータが開発・提供する「SI Web Shopping」は、年商規模1000億円以上のメーカーを中心に採用されている。

年商規模1000億円以上のメーカーを中心にサービス提供 

業種や業態、事業規模など、企業ごとの利用目的に即したカスタマイズ提案に強み

ECパッケージシステム「SI Web Shopping」の開発を手がけるシステムインテグレータは、ERPなど企業向けソフトウェア・サービスのほか、BtoB-ECやBtoC-EC、AI開発に取り組むSI企業。1995年の創業以来、導入企業ごとの利用目的に即したカスタマイズ提案を得意にしてきた。

BtoB-EC事業は1999年にスタート。サービス開始当時から、BtoB-ECに必要な機能をすべて実装したオールイン型のECパッケージシステムを提供している。

「SI Web Shopping BtoB版」は、年商規模1000億円以上のメーカーの利用が多い。導入企業の業種や業態、企業規模などに応じてECの利用目的が異なることから、各社が必要とする要件に応えられるよう、カスタマイズ前提でサービスを提供する。

SI Web Shopping BtoB版 概要
「SI Web Shopping BtoB版」概要(画像はシステムインテグレータが提供)

創業者は日本で最初にERPパッケージを企画・開発

システムインテグレータの創業者・梅田弘之氏は、日本で最初にERPパッケージの企画・開発に携わった人物。1995年の創業以来、ERPソリューションを提供してきた実績と、20年以上にわたるEC事業に関わってきた強みを活かし、大手企業を中心にサービス提供を行っている。

「SI Web Shopping」では、ショッピング体験の提供に必要なコマース機能を標準でAPI化。用意したAPIを活用し、多くのデジタルチャネルにコマース機能を実装できるようにしている。

また、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業からの「システム開発内製化」というリクエストに応えるため、クライアントにはプログラムソースやデータベースコードを公開。顧客企業のシステム開発内製化支援プログラムも行う。

「SI Web Shopping」の強みや他社との差別化ポイント

  • ERP開発およびECパッケージの開発を20年以上行ってきたことから、大手企業が求める複雑な要件にも対応できる豊富な実績を持つ
  • 裏側ではBtoBの複雑な要件に応える仕組みを持たせつつ、フロント側は、BtoC-ECサイトの使い勝手の良い購入体験をいかに提供できるかがBtoB-ECの構築ポイント。システムインテグレータは、20年以上の開発・提供実績を生かし、両方のポイントを押さえた使い勝手の良いBtoB-ECを提案できる

料金体系

  • 初期開発費用:数百万円~数億円
  • 保守費用:年間保守40万円〜数百万

会社概要

会社名株式会社システムインテグレータ
URLhttps://www.sint.co.jp/company/index.html
所在地

埼玉県さいたま市中央区新都心11番地2 ランド・アクシス・タワー

(明治安田生命さいたま新都心ビル)32階

設立1995年3月
資本金3億6771万2000円(資本準備金 3億5771万2000円)
代表者代表取締役社長 梅田 弘之
事業内容

パッケージ・ソフトウェアおよびクラウドサービス(SaaS)の企画開発・販売、コンサルティング(ECソフト、ERP、開発支援ツール、プロジェクト管理ツール、プログラミングスキル判定サービスなど)

社員数212人
◇◇◇

BtoB-ECについてより詳しく知りたい方は、ぜひ本書をご購読ください。BtoB-ECの基本的な解説から市場全体の動向、ユーザー企業がBtoB-ECに取り組もうとするときに参照できる導入手順までを解説しています。また、製造業や卸売り業の企業にアンケートを実施し、ユーザー企業の取組状況も掲載しています。

もっとBtoB-ECのことを知りたい方へ

BtoB-EC市場の現状と販売チャネルEC化の手引き2020 [今後デジタル化が進むBtoBとECがもたらす変革]』は、インプレス総合研究所で販売しています

BtoB-EC市場の現状と販売チャネルEC化の手引き2020 [今後デジタル化が進むBtoBとECがもたらす変革]

BtoB-EC市場の現状と販売チャネルEC化の手引き2020 [今後デジタル化が進むBtoBとECがもたらす変革]

  • 監修:鵜飼 智史
  • 著者:鵜飼 智史/森田 秀一/公文 紫都/インプレス総合研究所
  • 発行所:株式会社インプレス
  • 発売日:2020年3月24日(木)
  • 価格:CD(PDF)版、ダウンロード版 90,000円(税別) 、
    CD(PDF)+冊子版 100,000円(税別)
  • 判型:A4判 カラー
  • ページ数:200ページ
◇◇◇

「~さらばFAX・電話受注!〜Withコロナ時代、企業間取引をデジタル化しませんか? 今さら聞けないBtoB-ECの基礎を徹底解説」と題したネッ担編集部主催の無料ウェビナーを6月29日に開催します。詳細および申し込み方法は以下よりご確認ください。

画像をクリックすると詳細ページにジャンプします
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

公文 紫都

ネットショップ担当者フォーラム編集部

公文 紫都(Shizu Kumon)

通販・EC業界専門紙記者、ITベンチャー勤務を経て2012年に独立。8年間フリーでライターをした後、2020年4月からネットショップ担当者フォーラム編集部に在籍。4年間NYで暮らしていた経験を生かし、海外の展示会取材なども積極的に行っている。猫派。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム