よろしければこちらもご覧ください

ニールセン デジタルは7月7日、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の月次レポートをもとに、ECサービス利用状況を発表した。

2020年4月のレポートでは、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の3大ECモールを調査。PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルで最も利用者数が多かったのはAmazonだった。5253万人が月に平均44回利用(閲覧のみの利用も含む)し、GRP(世帯を対象にした延べ視聴率)は1836%。

「楽天市場」の利用者数は5138万。平均利用回数は最も多く53回、GRPはAmazonを上回る2194%だった。

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の月次レポート PCとモバイルの重複を除いた利用者数トップ3
PCとモバイルの重複を除いた利用者数トップ3

3大ECモールはモバイルのみで利用するユーザーが多い。「Amazon」「楽天市場」はPCとモバイルの併用者割合がやや高く10%以上。「Yahoo!ショッピング」はPCのみの利用者の割合が16%だった。

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の月次レポート PCとモバイルの重複を除いた利用者トップ3のECモールで消費者が使うデバイス
PCとモバイルの重複を除いた利用者トップ3のECモールで消費者が使うデバイス

新型コロナウイルス感染防止の影響で在宅時間が増加、PCを利用する機会が増えている。感染拡大の第2波なども懸念されており、こうした状況がしばらく継続することが予想される。そのため、EC事業者は、ユーザーの利用シーンやデバイスの利用状況の変化を把握した上で、ユーザーエクスペリエンスを向上させていくことが重要となる。

ECモールにおける利用者数トップ3のターゲットGRP(TARP)を性年代別に見ると、各サービスで男女とも35歳以上のTARP(個人を対象にした延べ視聴率)が高くなっている。特に「楽天市場」は女性35歳以上のTARPが最も高く6264%。男性18~34歳においては、「Amazon」のTARPが最も高い2376%だった。

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率の月次レポート PCとモバイルの重複を除いた利用者トップ3の性年代別GRP
PCとモバイルの重複を除いた利用者トップ3の性年代別GRP

ニールセン デジタルコンテンツ視聴率は、デジタル媒体の全てのコンテンツを、PC、モバイル、タブレット、およびOTTなどの全てのデバイスを横断して計測し、デジタルコンテンツ全体の視聴者のメディア接触と消費量を包括的に把握することを可能にしている。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム