よろしければこちらもご覧ください

アスクルは4月30日から、ヤフーと共同で運営している消費者向けECサイト「LOHACO(ロハコ)」のプロモーションの一環として、交通広告を活用した販促を始めた。電飾を利用したパネル広告「コルトン広告」にWi-Fi機器を搭載。このWi-Fiを通じてネットを立ち上げると専用ページにつながり、お買い得商品の購入やお勧め情報を入手することができる。

コルトン広告を設置したのは、東京メトロ「豊洲駅」改札から1C出口に抜ける側面の壁。コルトン広告にはWi-Fi機器が設置されており、広告の前で専用のSSID(無線アクセスポイントに設定されている無線識別ID)をスマートフォンやタブレットが取得する仕組み。

「ウェブを開いて」「ロハコのおすすめ」「毎日がお買得」「詳しくはサイトで」の4つのSSIDが取得可能で、いずれか1つを選択。ネットを立ち上げると専用画面に接続し、お買い得商品の購入などができるようになる。

「コルトン広告」を活用したプロモーションは、「ロハコ」が取り組む第2世代のECとして、新たな買い物体験を提供する目的がある。今回は、「謝恩セール」と位置付け、アスクル本社がある豊洲在住者、もしくは勤務者を対象にする。

アスクルはECサイト「LOHACO(ロハコ)」で提供する新たな顧客体験提供として、Wi-Fi搭載の交通広告経由で商品情報などを提供する取り組みを開始

東京メトロ「豊洲駅」改札から1C出口に抜ける側面の壁に、Wi-Fi機器搭載のコルトン広告を設置。
広告の前で専用のSSIDをスマートフォンやタブレットが取得する仕組みで、専用のページにアクセスできる
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]