現在地

tweet20はてなブックマークに追加
[AD]

スマートフォン(スマホ)の浸透によって、EC企業の集客施策、リピート戦略が変わりつつある。こうした変化にEC企業はどう対応すればいいのか? バリューコマースはECサイトの販促をどのように支援していくのか? アフィリエイトなどの広告事業やCRM事業を手がけるバリューコマースの経営陣らが語った2017年の戦略から、そのヒントを探ってみる。

バリューコマースが2017年に注力する3つのポイント

eコマースにおける集客からリテンションまでトータルソリューションの提供をめざします。

バリューコマースが開催したイベント「バリューコマースサミット2017」。この壇上で、香川仁代表取締役社長はこう宣言し、2017年に注力する3点を解説した。

  • CRM事業を「第2の柱」へ
  • アドネットワーク事業、収益改善
  • アフィリエイト事業、さらなる強化
スマホ時代のECサイトをどうサポートする? バリューコマースが注力する3つのポイント 香川仁代表取締役社長
香川仁 代表取締役社長

集客サービスでは、主力事業のアフィリエイトサービスに加え、アドネットワークによるEC事業者の集客支援を強化。CRM事業は、マーケティング・オートメーション・ツールの提供により、接客などを通じたリテンションマーケティングを推進していくという。

CRM事業では、2015年に子会社化したデジミホのマーケティング・オートメーション・ツール「R∞(アール・エイト)」がカギを握る。

バリューコマースが「Yahoo!ショッピング」の出店者に「R∞(アール・エイト)」をオプションサービスとして提供を始めたのは2016年(Yahoo!ショッピングでは、「STORE's R∞(ストアーズ・アールエイト)」として提供している)。

「アール・エイト」の成功事例が増えてきたことから、成功ノウハウを含めてパッケージ化し、Yahoo!ショッピングの他の店舗や、Yahoo!ショッピング以外のサイトにも「アール・エイト」を提案していく計画。

アドネットワーク事業で展開しているADPRESSO(アドプレッソ)は、iPhone・Android対応のスマートフォン向けアドネットワークサービス。香川社長は収益改善が進んでいるとし、EC事業者の集客支援策としてアドネットワークにも力を入れていく方針を示した。

そして、主力のアフィリエイト事業では、アフィリエイト市場におけるスマホ化の流れ、モバイル端末経由の売り上げが増加していることを踏まえ、イベントに参加したEC事業者へさらなるアフィリエイト事業の強化を誓った。

接客・リテンション面(CRM)

バリューコマースが「Yahoo!ショッピング」出店者に提供しているマーケティング・オートメーション・ツール「STORE's R∞(ストアーズ・アールエイト)」は現在、Yahoo!ショッピングの約5000店舗が利用している。

利用店舗の流通における経由流通の割合は約18%を占め、ツール経由のCVR(コンバージョンレート)は25%以上という。

たとえば、ある出店サイトでは既存顧客の購入回数が大幅に改善。「ストアーズ・アールエイト」導入後に、既存顧客1人あたりの購入回数は導入前後比で270%になったという。

登壇した執行役員の長谷川拓最高戦略責任者は、「2016年9月に提供を始めたばかりだが、購入頻度は相当高いのではないか」と説明する。

また、Yahoo!ショッピングで「アール・エイト」を活用する店舗の成功事例が増えてきたことから、成功ノウハウを含めてパッケージ化し、Yahoo!ショッピングの他の店舗や、Yahoo!ショッピング以外のサイトにも「アール・エイト」を提案していくことを、長谷川氏は明らかにした。

長谷川氏は、「アフィリエイト事業で質の高い集客を実現するとともに、『アール・エイト』を提供することでECサイトのLTVを伸ばすことも支援したい」と抱負を語った。

スマホ時代のECサイトをどうサポートする? バリューコマースが注力する3つのポイント 登壇した執行役員の長谷川拓 最高戦略責任者
執行役員の長谷川拓 最高戦略責任者

集客面(アドネット、アフィリエイト)

アフィリエイト、ADPRESSO(アドプレッソ)といった集客サービスを踏まえ、長谷川執行役員はEC企業向けのマーケティング成果の最大化を支援すると説明した。

メディアには成果報酬拡大を、広告主には流通拡大を成果として還元できる仕組みを作るとして、アフィリエイト、ADPRESSO(アドプレッソ)による新規購入、CVRの向上施策を支援すると説明。「アール・エイト」を通じて顧客育成とLTV向上を行い、「メディアへの報酬向上」によって「メディアでの露出面拡大」につなげるといったサイクルを作っていくとした。

集客の要となるアフィリエイトについては、アフィリエイト本部・伊藤孝司本部長が次のように説明する。

スマートフォンといったモバイル経由の売り上げが増加している。アフィリエイトでもモバイルのマーケティングが今後、より重要になる。

スマホ時代のECサイトをどうサポートする? バリューコマースが注力する3つのポイント アフィリエイト本部・伊藤孝司本部長
アフィリエイト本部・伊藤孝司 本部長

バリューコマースによると、モバイルアフィリエイト市場は次のように右肩上がりで拡大しているという(出典元:矢野総合研究所)。

  • 2013年 → 510億円
  • 2014年 → 657億円
  • 2015年 → 887億円
  • 2016年 → 1183億円

2016年は前年比33.4%増となり、アフィリエイト市場全体の構成比の59%を占めているという。

バリューコマースのアフィリエイトサービスの成果報酬額は、2016年にスマートフォン経由の割合が初めて50%を突破。成果報酬額は86億円となり、全体の51.2%を占めている。また、スマートフォン経由での注文件数は2016年に29.8%となり、前年比5ポイント増加した。

親会社であるヤフーとの連動では、Yahoo!ショッピングとバリューコマースが連携。Yahoo!ショッピングのアプリと連携することで、異なる端末のブラウザまたぎ、いわゆるクロスブラウザ・クロスデバイスによるユーザーのトラッキング精度を向上させた。その結果、CVRが2倍に増えた例もあるという。

こうした状況を踏まえ伊藤氏は、「手間なくeCPM最大化」を支援して、今後新機能をリリースしていくと語った。

[AD]

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル