よろしければこちらもご覧ください

楽天は4月4日、岩手県釜石市と包括連携協定を締結し、実店舗でのクレジットカード決済導入・活用などを推進することで訪日観光客需要の創出、地域経済の活性化を推進していくと発表した。

実店舗でのクレジットカードやスマートフォンでの決済を可能にする楽天グループの決済サービス「楽天ペイ」を、地域商店やタクシーなどへ導入。決済のキャッシュレス化を促進する。楽天は導入・運用のサポートを行う。

「楽天市場」などを活用し、国内外に向けた特産品の販路拡大なども促進する。

楽天と釜石市、商店への楽天ペイ導入支援など地域活性化の包括連携協定を締結

楽天ペイの取り組みイメージ

包括連携協定の主な内容

  • 市内事業者のキャッシュレス決済の利活用促進に関する事項
  • 外国人観光客への体験型アクティビティに関する事項
  • ふるさと納税の推進に関する事項
  • 市内事業者のIT利活用促進に関する事項
  • 国内外に向けた市内特産品の販路拡大に関する事項
  • その他、市内の経済活性化および、住民の利便性向上に関する事項

岩手県釜石市の産業振興部長・平松福壽氏は、「現金決済の店がほとんどで、ECの普及も遅れている。(2019年に開催される)ラグビーワールドカップの経済効果をキャッチできない」との懸念を説明。平松氏部長は続けて次のように話した。

1泊2日の観光客が市内で使うお金は1万6000円。体験プログラムなどで単価を増やしていきたい。ふるさと納税もここ数年は6500万円で頭打ちで、これを2~3倍に増やしたい。

旅行体験は、グループ会社でアクティビティー予約サービスのサイト「Voyagin(ボヤジン)」を運営するVoyagin Pte. Ltdと連携し、訪日観光客需要の創出に向けて協働する。

今回の協定に先行し、釜石市、LIFULL、楽天LIFULL STAYの3者で、2017年12月に「空き家の利活用を通じた地域活性化連携協定」を締結。「地域おこし企業人」の派遣・人材育成、民泊などによる観光振興の推進をすでに開始しているという。

楽天の塩沢友孝氏(ECカンパニー 地域活性課シニアマネージャー)は、「これまで販路拡大のお手伝いをしてきたが、楽天は地域が抱えている課題解決を行っていく。(楽天の自治体連携は)釜石市で全国28例目。決済とインバウンドを包括提携する枠組みは全国初」と話した。

楽天と釜石市、商店への楽天ペイ導入支援など地域活性化の包括連携協定を締結

釜石市と楽天グループの取り組み全体像
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム