ファッションEC業界1位の「ZOZOTOWN」に対抗できる「ファッションECの第2位グループ」の確立をめざし、靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営するロコンドと、ファッションECサイト「MAGASEEK」や「d fashion」を運営するマガシークが提携する。

2社は相互出店に関する契約を4月19日に締結。これまで競合だったマガシークとロコンドが提携することで、合計取扱高が300億円を超えるバーチャルグループが発足する。

マガシークとロコンドが相互出店で提携

マガシークとロコンドが連携

相互出店により、マガシークは「MAGASEEK」や「d fashion」の商品を「LOCONDO.jp」で販売。顧客から注文が入った際にマガシークの倉庫から直送する。ロコンドも「LOCONDO.jp」の商品を「MAGASEEK」や「d fashion」で販売し、注文ごとにロコンドの倉庫から直送する。 

相互出店のフローを用いることで、ショップは在庫を分散することなく販売チャネルを増やすことができると説明。また、在庫を倉庫間で移動する必要がないため、注文から出荷までのリードタイムを一般的な受発注型よりも短縮できるという。

「MAGASEEK」と「d fashion」には1800ブランド・約17万品番が追加される。一方の「LOCONDO.jp」はマガシークが持つ230ブランド・約8万品番を販売する。マガシークによると、サービス開始は2018年夏頃の予定。

マガシークとロコンドの連携による販売イメージ

マガシークとロコンドの連携による一部販売イメージ

現在のファッションEC市場は、スタートトゥデイが運営する「ZOZOTOWN」の一強体制が際立っている。スタートトゥデイの2018年3月期における年間取扱高の計画が2700億円であるのに対し、2番手グループの年間取扱高は200億円前後とみられている。ロコンドの2018年2月期における年間取扱高は約95億円(返品後)。

ロコンドはファッションEC業界に「明確な第2位グループ」が存在しないことが、国内ファッションEC市場における課題だと指摘。田中裕輔社長は2018年2月期の決算説明会で、業界1位に対抗できる2位グループを作るために他社と連携していく方針を示していた。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]