ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)とネットプロテクションズは業務提携し、 SBPSの「オンライン決済ASP」とネットプロテクションズの「NP後払い」を10月1日からシステム連携する。「NP後払い」が決済代行会社とシステム連携を行うのは今回が初めて。

「オンライン決済ASP」を導入している加盟店は、「NP後払い」を簡単に利用できるようになり、1つの管理画面で後払いとその他決済を処理できるようになる。

SBPSが提供する「オンライン決済ASP」は、 クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済など25の決済手段をまとめて利用できる決済代行サービス。決済機関との契約や、収納代金の入金管理までのすべてををSBPSが行う。

①商品などを購入 ②加盟店が決済処理 ③SBPSが決済処理 ④商品等を提供 ネットプロテクションズが請求書を発送 利用者がコンビニエンスストア、銀行、郵便局で代金を支払い(精算)
SBPSが提供する「NP後払い」のメリット
  • 複数決済手段管理の一元化……管理画面をSBPSで一本化できるため、効率的な売上管理が可能
  • 継続課金に対応……都度払いだけでなく、定期購入にも対応可能(加盟店側の対応が必要)
  • システム連携が容易……加盟店の開発工数や運用工数を最小限に抑えた設計のため、決済手段を容易に追加できる

SBPS営業本部の長田直樹氏は下記のように語った。

特に物販の加盟店で、後払いのニーズが高いと感じてきた。また、すでに後払いを導入している店舗でも、後払いとその他の決済手段の管理ツールが別のため、処理が煩雑だという声があった。今回の連携により、弊社の管理画面でワンストップで提供でき、契約、決済、精算、入金管理など、すべての決済代行業務を提供できる。

ネットプロテクションは実店舗決済「atone(アトネ)」も提供しており、実店舗で「atone」と連携した事業も検討中。

ネットプロテクションズ セールスグループ マネージャー 中島康太郎氏(左)と、ソフトバンク・ペイメント・サービス 営業本部 営業3部 部長 長田直樹氏(右)
ネットプロテクションズ セールスグループ マネージャー 中島康太郎氏(左)と、ソフトバンク・ペイメント・サービス 営業本部 営業3部 部長 長田直樹氏(右)
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム