ネッ担まとめ

続々登場する「なんとかPay」。お店のレジにも決済手段のロゴがありすぎて、逆にどれが使えるのかわからないほど。その中で使われるのは、ポイントが貯まるものでした。

「○○Pay」を使う理由はポイント獲得

QRコード決済で最も使われているのは「楽天ペイ」、次いで「PayPay」。認知度トップは「LINE Pay」 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6200

ファミリーマート/自社スマホ決済「ファミペイ」7月開始、1000万DL目標 | 流通ニュース
https://www.ryutsuu.biz/it/l020152.html

「ゆうちょPay」提供は5月から ゆうちょ口座の利用者向けに | ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/04/news087.html

まとめると、

  • MMD研究所の調査によると、QR決済で使われているのは「楽天ペイ」「PayPay」「LINE Pay」の順
  • 使う理由は「ポイントが貯まる」「会計が早い」「キャンペーンで気になった」など
  • 今後も「ファミペイ」「ゆうちょPay」などの登場が予定されている
スマートフォン所有者のQRコード決済サービス利用状況(n=887)
出典:MMD研究所
スマートフォン所有者のQRコード決済サービス利用状況(n=887)
出典:MMD研究所

今年4月からはKDDIのQRコード決済「au PAY」がスタート予定。また、CtoCアプリ「メルカリ(Mercari)」との連携が想定される決済サービス「メルペイ(Merpay)」のリリースも予想されます。

「PayPay」はオンライン決済にも対応する予定で、まずは「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」に導入されます。

「au PAY」の支払いは携帯電話料金の請求にひも付けられ、チャージなどの手間をはぶく設計になる見通し。ポイントプログラム「WALLET ポイント」との連携で、KDDIグループのECモール「Wowma!」にも好影響が出る可能性も。

ネットショップ担当者フォーラムメルマガより

引用文はピックアップした記事からではないですが、今後はさらに「○○Pay」が増えて、カオスな状況になりそうです。ショップ側は導入の手間と手数料に悩み、ユーザーはどれがお得なのかわからず、提供側は普及させるのが大変……と、誰もが困るこの状況。いつまで続くのでしょうか。

関連記事

コミュニティは育てるもの

無印、楽天、@cosmeのマーケティング戦略から学ぶ!ファンや共感を生みだす「コミュニティ」の作り方 | GLOBIS 知見録
https://globis.jp/article/6846

対アマゾン時代の小売業のあり方とは?~無印・楽天・@cosmeの「リアル店舗」「EC」での愛され続けるコミュニティ作り | GLOBIS 知見録
https://globis.jp/article/6847

まとめると、

  • アットコスメにおけるコミュニティの特徴は「熱狂しないこと」。熱は低い方がコミュニティが長続きする
  • ぎゅっと集まって熱量が高まる場をつくり、それが解散したらまた別のメンバーで集合・解散を繰り返すと、いつの間にか信頼関係で結ばれたネットワークができていく
  • 拡大戦略をとると中身が伴わず、コアな人から離れていってしまう

僕自身は今までのことを振り返って「ああ、俺、秀逸だったなぁ」と思うポイントがいくつかあるんですけれども(笑)、その1つに、事業計画はすべて(売上等の)数字でなくユーザーの伸びで書いていたというのがあります。「ユーザーが何人になったらこういうアクションを取る。それまでは1年でも2年でも待つ」と、明確に書いていました。結局、そこの時間を待てるかどうかが肝なのかなと、僕は思います。

─アイスタイル 代表取締役社長 兼 CEO 吉松徹郎氏

前編からの引用ですが前編だけでも役立つ話が満載です。コミュニティは無理に作ろうとすると絶対に上手くいかないので、じわじわと育てていくしかありません。育ってからも急成長させようとするとこれまた失敗します。ずっと支えてくれるファンの人たちの集まりがコミュニティ。変にコントロールしないことが重要です。

Amazonによる書店革命

アマゾンの『買い切り方式』は『再販制度』廃止への礎となるのか?いやむしろ新たなビジネスモデルを! | Yahoo!ニュース 個人(神田敏晶)
https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190204-00113234/

まとめると、

  • アマゾンジャパンは出版社から書籍を直接購入して販売する「買い切り」方式を年内にも試験的に始めると発表した
  • 書店が減っても新刊本が増えているのは「取次」からの「前金制度」があったため
  • Amazonの最大の強みは、売れない本を流通する必要がないこと

『電子書籍』の登場により、誰もが書籍を販売できるという出版社となった。従来の印税10%から、Kindleの印税は70%という破格の印税の出版社の登場だ。Amazonは、『出版社』、『流通』、『書店』の機能をマルチで掛け持ちするような複合的な事業へと育った。

印税が10%→70%とというだけで、売れる本がどこから出てくるかというのが想像できます。「でも、電子書籍だけでしょ?」と思っていると、店頭のサンプルを読んだらそのままKindleで買えたり、ちょっと高めの紙の本で買えるようになる……なんてビジネスモデルも考えられますよね。本が売れないのはAmazonに代表されるネット書店のせいだけではなく、旧来からの仕組みのせいということなんでしょう。

EC全般

アマゾンの処分取消訴訟 司法関係者も当惑、度重なる「閲覧制限」申請 | 通販新聞社
https://www.tsuhanshimbun.com/products/article_detail.php?product_id=4510

これは本当におかしい。何がしたいんでしょうか? こういうことがあるから不信感が芽生えてしまうわけで……。

置き配バッグで不在時の6割が受取、配送員の96%が利用を希望【1000世帯でOKIPPAと日本郵便が実証実験】 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6205

ドローンを使った定期配送サービスを始める楽天の挑戦 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6206

宅配ロッカーは効果薄なので、置き配とドローンがどうなるかがポイント。

あなたの通販・EC業務は「改元」に対応しましたか? 【対応例&チェックリストあり】 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/6188

EC業務だけに限らない改元問題。早めに対応しましょう。

ライトオンがゾゾ撤退へ EC事業の大半を占めるもZOZOARIGATOに反発 | WWD JAPAN
https://www.wwdjapan.com/788339

ZOZO比率が高いところも撤退。自社サイトで売れるようになるのはなかなか大変ですが、どうなるでしょうか?

日本のeBay社員第一号に聞く!越境EC売れ筋商品と独自サイトの失敗しない作りかた | ECzine
https://eczine.jp/article/detail/6365

食べ物は難しいけど生ものではない「お菓子・スナック系」は非常によく売れるというのは面白い。

メルカリ、上期は44億円の最終赤字 「黒字化急がず、流通額増やす」 | ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/07/news121.html

国内は黒字なので……ということなのでしょうか。上記のeBayの記事と関連して読んでみてください。

今週の名言

人気のあるうちに実力をつけてねって。人気は続かないから。

演劇青年から声優界のレジェンドへ 神谷明が語る「アニメブーム」と後輩たちへのエール | Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/feature/1219

神谷明さんと言えばアラフォー世代の男性は毎日声を聞いていたようなイメージがありますよね。その神谷さんの言葉が身に沁みます。一瞬の人気で勘違いしないで、地道な努力を続けられる人が生き残ります。

この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

森野 誠之

運営堂

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサルタントのポジションを活かしてWeb制作や広告にこだわらず、柔軟で客観的な改善提案を行っている。理系思考&辛口の姿勢とは裏腹に皿洗いを趣味にする二児のパパ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム