MMD研究所は2019年1月8日~1月10日の期間で「QRコード決済サービスの利用に関する調査」を実施した。また、2018年12月26日~2019年1月2日の期間で「QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査」を実施した。

QRコード決済サービス利用状況調査

利用率トップは「楽天ペイ」(9.4%)、認知度トップは「LINE Pay」(86.8%)

スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女を対象にQRコード決済サービスの利用状況を聞いた。対象としたサービスは下記の8サービス

  • 楽天Pay
  • PayPay
  • LINE Pay
  • d払い
  • Amazon Pay
  • Origami Pay
  • Alipay
  • WeChat Pay

「現在利用している」という回答が最も多かったのは「楽天ペイ」(9.4%)、次いで「PayPay」(8.1%)、「LINE Pay」(7.9%)だった。「聞いたことはあるが、内容はよく知らない」を含めたサービスの名称認知度を見ると、トップは「LINE Pay」で86.8%。「PayPay」(86.4%)、「楽天ペイ」(79.0%)と続いた。

スマートフォン所有者のQRコード決済サービス利用状況(n=887)
出典:MMD研究所
スマートフォン所有者のQRコード決済サービス利用状況(n=887)
出典:MMD研究所

男女別で見ると、「楽天ペイ」を「現在利用している」と回答した男性は11.6%(n=447)、女性は7.0%(n=440)だった。

楽天Payの利用状況(性別)出典:MMD研究所
楽天Payの利用状況(性別)出典:MMD研究所

「PayPay」を「現在利用している」と回答した男性は10.3%(n=447)、女性は5.9%(n=440)だった。

PayPayの利用状況(性別)出典:MMD研究所
PayPayの利用状況(性別)出典:MMD研究所

「LINE Pay」を「現在利用している」と回答した男性は8.9%(n=447)、女性は6.8%(n=440)だった。

LINE Payの利用状況(性別)出典:MMD研究所
LINE Payの利用状況(性別)出典:MMD研究所

QRコード決済を利用する理由は「ポイントがたくさん貯まるから」(39.4%)

いずれかのQRコード決済サービスを現在利用していると回答した188人を対象に、サービスを利用する理由について聞いたところ、トップは「ポイントがたくさん貯まるから」(39.4%)、次いで「会計がスピーディーに終わるから」(31.9%)、「キャンペーンを知って興味を持ったから」(26.6%)と続いた。

また、男女で最も差が出た項目は「お財布を持ち歩きたくないから」で、男性18.9%、女性4.9%と、14ポイントの差が開いた。

QRコード決済サービスを利用する理由(複数回答可/男性 n=106、女性 n=82) 出典:MMD研究所

QRコード決済サービスを利用する理由(複数回答可/男性 n=106、女性 n=82) 出典:MMD研究所

QRコード決済を利用しない理由は「クレジットカードで十分だから」(43.1%)

QRコード決済サービスを利用していないと回答した699人を対象に、サービスを利用しない理由について聞いたとこ、トップは「(カードタイプの)クレジットカードで十分だから」(43.1%)、次いで「現金で十分だから」(23.6%)、「個人情報や決済情報が漏洩しないか不安だから」(21.6%)と続いた。 男女で最も差が出た項目は「お金を使いすぎてしまいそうだから」で、男性15.5%、女性24.0%と、8.5ポイントの差が開いた。

QRコード決済サービスを利用しない理由(複数回答可/男性 n=341、女性 n=358)出典:MMD研究所
QRコード決済サービスを利用しない理由(複数回答可/男性 n=341、女性 n=358)出典:MMD研究所
調査概要

2018年秋冬キャンペーンによるサービス認知度調査

20歳~69歳の男女2,001人を対象に、QRコード決済サービス各社が2018年秋から冬にかけて実施したキャンペーンを知っているかどうか聞いたところ、最も認知度が高かったのはPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」(62.6%)、次いでLINE Pay「LINE Payでわりかん」(45.3%)、楽天ペイ「スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント」(27.6%)という結果だった。

QRコード決済サービスのキャンペーン認知(n=2,001) 出典:MMD研究所
QRコード決済サービスのキャンペーン認知(n=2,001) 出典:MMD研究所

いずれかのキャンペーンを知っていると回答した人を対象に、それぞれのサービスを実際に利用したかどうか聞いたところ、利用率が最も高かったのは「Origami Pay」(18.8%)、次いで「楽天ペイ」(17.5%)、「PayPay」(17.3%)という結果だった。

キャンペーンを知って実際に利用したQRコード決済サービス 出典:MMD研究所
キャンペーンを知って実際に利用したQRコード決済サービス 出典:MMD研究所

各キャンペーンを認知したきっかけについて聞いたところ、最も多い回答はいずれも「テレビCMやニュース番組で知った」。次いで「Webメディアやニュース配信アプリの記事」「Webの広告」「SNSの口コミ」が続いた。

QRコード決済サービスのキャンペーンを知ったきっかけ 出典:MMD研究所
QRコード決済サービスのキャンペーンを知ったきっかけ 出典:MMD研究所

各キャンペーンの認知度を性年代別に見ると、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」では、最も認知度が高いのは男性は20代で76.1%(n=180)、女性は40代で65.6%(n=209)だった。

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」の認知(年代別) 出典:MMD研究所
PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」の認知(年代別) 出典:MMD研究所

LINE Pay「LINE Payでわりかん」では、最も認知度が高いのは男性は20代で61.1%(n=180)、女性も20代で56.5%(n=168)だった。

LINE Pay「LINE Payでわりかん」の認知(年代別) 出典:MMD研究所
LINE Pay「LINE Payでわりかん」の認知(年代別) 出典:MMD研究所

楽天ペイ「スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント」では、最も認知度が高いのは男性は20代で47.8%(n=180)、女性も20代で30.4%(n=168)だった。

楽天ペイ「スタートボーナスチャンス」の認知(年代別) 出典:MMD研究所
楽天ペイ「スタートボーナスチャンス」の認知(年代別) 出典:MMD研究所

d払い「dポイント 魔法のスーパーチャンス!」では、最も認知度が高いのは男性は20代で46.1%(n=180)、女性も20代で30.4%(n=168)だった。

d払い「dポイント 魔法のスーパーチャンス!」の認知(年代別) 出典:MMD研究所
d払い「dポイント 魔法のスーパーチャンス!」の認知(年代別) 出典:MMD研究所
調査概要

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム