アマゾンジャパンは6月20日、「Amazonマーケットプレイス」に出品する日本の中小企業による2018年の流通総額が9000億円を超えたと発表した。

「Amazonマーケットプレイス」に出品する日本の中小企業の販売状況をまとめた「2019年 中小企業インパクトレポート」で公表した。

「2019年 中小企業インパクトレポート」によると、「Amazonマーケットプレイス」に出品する日本の中小企業は15万社超で、2018年に1分あたり約600個の商品を販売したという。

「Amazonマーケットプレイス」に出品する日本の中小企業の拠点がある県で、Amazonでの成長率が最も高いのは島根県だったとしている。

なお、「Amazonマーケットプレイス」に出品する販売事業者による「Amazon」でのグローバル流通総額は2018年に1600億ドルを突破。「Amazon」のグローバル流通総額に占める販売事業者の割合は58%にのぼっているという。

「Amazonマーケットプレイス」に出品する日本の中小企業による2018年の流通総額が9000億円を超えたと発表
「Amazon」のグローバル流通総額に占める販売事業者の割合は58%にのぼっている
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム