よろしければこちらもご覧ください

アマゾン日本事業の2020年(2020年1~12月)売上高は円ベースで2兆1893億2700万円だった(2020年の平均為替レートを1ドル=107円で換算)。円ベースでの伸び率は前期比25.5%増。米Amazonが公表した「年次報告書」などから、2020年のAmazonの日本事業、米Amazonの状況をまとめた。

アマゾン日本事業について

日本事業の売上高(ドルベース)は204億6100万ドルで前期比27.9%増(2019年の日本事業売上高は160億200万ドルで、前の期比15.7%増)。

アマゾン日本事業の2020年売上高推移(ドルベース)
アマゾン日本事業の売上高推移(ドルベース)

日本銀行が参考計数として公表している「東京外為市場における取引状況(2020年中)の2020年平均レート「1ドル=106.73」を参考に、1ドル=107円で換算した場合、日本円ベースによる日本事業の売上高は前期比25.5%増の2兆1893億2700万円となる。

アマゾン日本事業の日本円ベースの売上高推移(年間平均為替レートで円換算)。平均為替レートは、2010年が87円、2011年は79円、2012年は79円、2013年は97円、2014年は105円、2015年は120円、2016年は108円、2017年は112円で換算、2018年は111円で換算、2019年は109円で換算、2020年は107円で換算)
アマゾン日本事業の日本円ベースの売上高推移(年間平均為替レートで円換算)。平均為替レートは、2010年が87円、2011年は79円、2012年は79円、2013年は97円、2014年は105円、2015年は120円、2016年は108円、2017年は112円で換算、2018年は111円で換算、2019年は109円で換算、2020年は107円で換算)

アマゾン日本事業の売上高は直販ビジネスのほか、第三者による販売(マーチャント売り上げ)の手数料収入、定期購入サービス、AWS(Amazon Web Service)などが含まれる。

米Amazon、アマゾンジャパンともに流通総額は公表していないが、2018年時点の「Amazon」グローバル流通総額に占める販売事業者(「Amazonマーケットプレイス」出品・出店者)経由の割合は58%。「Amazonマーケットプレイス」に出品する日本の中小企業による2018年の流通総額は9000億円を超えている。

全体の流通総額のうち第三者による販売は5割程度まで達していると推計。手数料収入は平均して第三者販売額の約10%という推測を前提にすると、「Amazon.co.jp」の流通総額は少なくとも3兆2000億円を超えていると見られる。

なお、通販新聞は2019年の流通総額を「関係筋によると3兆円程度となっている模様」と推測していた。

グローバルの販売状況

2020年度(2020年1-12月)の総売上高は前期比37.6%増の3860億6400万ドルだった。2019年の伸び率は20.5%増。規模拡大を続けながら、2020年度はコロナ禍で高成長を維持している。

売上高の内訳は次の通り。

  • 仕入れ商品などによる製品売上(デジタルメディアコンテンツなど含む)
    → 1973億4900万ドル(前期比39.7%増)
  • 第三者販売サービス売上など(第三者が販売するサービスに関する手数料売上など)
    → 804億3700万ドル(同49.6%増)
  • 定期購入売上(サブスクリプションサービス売上)など(「Amazon プライム」の会員費など)
    → 252億700万ドル(同31.2%増)※プライム会員は世界中で2019年末までに1億5000万人を超えている
  • AWS(Amazon Web Service)
    → 453億7000万ドル(同29.5%増)
  • 実店舗売上(主にホールフーズの売り上げ)
    → 162億2400万ドル(同5.6%減)
  • その他(広告サービスやクレジットカード契約などの売上高)
    → 214億7700万ドル(同37.6%増)
Amazonの売上高の内訳(2020年)
Amazonの売上高の内訳(2020年)。カッコ内の数値は全体売上高に占める割合

地域別の売上高は次の通り。Amazon全体の売上高に対して日本事業が占める割合は5.3%。2019年よりも0.4ポイント減った。主要国の伸び率は3割を超えているのに対し、日本事業は2割台にとどまっている。

  • アメリカ → 2635億2000万ドル(前期比36.1%増)
  • ドイツ → 295億6500万ドル(同33.0%増)
  • イギリス → 264億8300万ドル(同51.1%増)
  • 日本 → 204億6100万ドル(同27.9%増)
  • その他 → 460億3500万ドル(同37.6%増)
Amazonの地域別売上高(2020年)。カッコ内の数値は全体売上高に占める割合
Amazonの地域別売上高(2020年)。カッコ内の数値は全体売上高に占める割合
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]