現在地

海外EC

はぴさやがゆく! ネットショップの裏側探検記

海外向け発送はどうするのが最適ですか? 日本郵便さん、越境ECの基礎を教えてください!【比較表あり】

日本郵便さんが、EMSなどの海外向け発送のことや、越境ECのことを教えてくださるというので、東京・霞が関の日本郵便におじゃましました!

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収の影響。危機感あらわの小売業者、歓迎するEC企業の理由

Amazon(アマゾン)によるWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット) 買収によって、米国EC企業は「歓迎」する考えを示す一方、小売業界は危機感をあらわにします。その理由は?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンのホールフーズ買収とリアル店舗を攻める理由【米大手EC専門誌が解説】

Amazon(アマゾン)が高級食品販売チェーンのWhole Foods Market Inc.,(ホールフーズ・マーケット)を137億ドルで買収すると発表。その狙いとは? 米国EC大手専門誌が解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【プライム会員分析】アマゾンユーザーの購買行動から学ぶ自社ECサイトの顧客作り

Amazonのプライム会員は、アマゾン以外の小売事業者が運営するアプリやECサイトも使用し、多くの時間を費やしています。この会員を自社のECサイト顧客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

モバイルECの売り上げを伸ばす3つのポイント

モバイルECの強化に興味がある通販・EC事業者は、「モバイルサイトのスピード、レスポンス、使い勝手の改善」「サイトクリエイティブ」「モバイルマーケティングの強化」が重要。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売り店の倒産や閉鎖でEC利用が増える? 小売業者の“商機”が店舗受取にある理由

小売事業者は、EC購入した商品を店舗で受け取ることができるサービスの提供で、Amazon(アマゾン)に対する競争力を高めることができます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

小売業者がデジタルデータを活用して売り上げを伸ばすために必要な5つのステップ

ネット通販を含めた小売者にと事業ってデジタルデータは戦略を立てる上でとても重要なことですが、膨大なデジタルデータを前にあ然となっていませんか? データを戦略に生かす5つのステップを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

モバイルECのコンバージョン率は1%だけど……スマホ対策に注力&投資すべき理由

米国のある調査では、小売事業者の48%が「モバイルがビジネスに多大な貢献をもたらした」と回答。対象者のスマートフォン経由売上は2015年比で平均65%アップしています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

トランプ大統領がEC業界へ与える影響を考える。米国向け越境ECの行方は?

ドナルド・トランプ大統領の就任によって、EC業界にはどのような影響があるのでしょうか? 中国からの輸入製品への関税を45%に引き上げるこや、アリババとの協業など米国専門誌が分析します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

やっぱり気になるアマゾンの動向。アメリカのEC関係者が2016年に最も読んだ記事16選

2016年に最も読まれた「インターネットリテイラー」の記事を見てみると、アマゾン関連の記事が上位にランクイン。サービス利用と同時に競合にもなるアマゾンに、米国では注目が集まっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

“モバイルファースト”が成長の鍵、グローバルEC市場で起きている「明と暗」

米国のEC市場では、モバイルコマース市場のシェアを積極的に取りにいっている企業は、モバイル対応に遅れを取っている企業よりも早い成長を遂げています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

中国越境EC市場はすでに激戦? 「ネット爆買い」狙う有名ブランド企業の進出状況

中国でのオンライン売上を拡大するため、さまざまなハイブランドが販売を強化しています。独のカメラメーカー「ライカ」、日本からはパナソニック、象印など、アパレルでは「フェラガモ」「ヒューゴ・ボス」などが進出し始めています。

単発記事

「中国は越境ECを歓迎する」 政府機関「中国電子商会」の幹部が語る中国向けECのホンネ

中国政府は中国向け越境ECをどのように考えているのか? 中華人民共和国工業情報化部所管の電子商取引企業団体「中国電子商会」の彭李輝常務副秘書長にインタビューしてきました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

最新の米国オムニチャネル事情。9割のユーザーが商品の店頭受取・返品に「満足」

米国の小売事業者が行っている、ECサイトで購入した商品の受け取りや返品を実店舗で行っているオムニチャネル戦略について、消費者からの評価がとても高いという事実が調査で明らかになりました。

単発記事

日本企業の中国進出はなぜ失敗するのか。成功する越境ECに欠かせない条件とは?

越境ECが注目を集める一方で、失敗談を聞くことも多い。そんな中、日本法人を設立した中国企業がある。来日した創業者に中国ECについて聞いた。

単発記事

アリババグループCEOが語る日本企業への期待 「中国向けECでチャンスをつかめ」

2015年の流通総額が4850億ドルとなり、米国のウォルマートの売上高を抜き「世界最大の流通企業」となったアリババグループ。CEOであるDaniel Zhang氏が来日し、日本企業に向けてメッセージを発しました。

上海で働く駐在員の中国EC市場リポート

【最新情報】中国向け越境ECの新税制度、何が変わった? 現場で起きていることは?

中国政府が越境ECに関する新しい新税制制度を4月8日に施行しました。中国の越境ECの現場では何が起こっているのか? どのような方法が中国向けECの最善の方法なのか? 現在の最新状況をまとめました。

EC企業の5割が越境ECの参入に前向き。理由は「日本よりも高価格で販売できる」など

イーベイ・ジャパンは4月5日、EC事業者へ越境ECに対する考え方などのアンケートを実施、国内でECを手がけているが越境ECは行っていない事業者のうち、55.6%が越境ECに前向きな考えをもっていることが判明した。

単発記事

【詳報】中国で始まった越境ECの新税収制度。増税? 減税? 日本企業への影響は?

中国の財政部は4月8日から、越境ECに関する税制度改革を断行し、新たな制度をスタートさせることを公表しました。実質増税になったり、減税になるケースもありますので、その制度の詳細、影響を解説します。

「eBay」で最も売れる日本の商品は衣料品。2015年の越境EC取引データを公開

イーベイ・ジャパンは3月7日、オンライン・マーケットプレイス「eBay」における2015年の越境EC取引データを紹介するRPG調インフォグラフィックス「探し出せ!伝説の越境EC成功のカギ」を公開しました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

コンテンツマーケティングで集客&売上UPに成功したECサイトに学ぶ3つのポイント

ネクタイのECサイト「Bows N Ties」は2013年には230万ドル(約2億7000万円)の売り上げるなど、いまでは大きな成長を見せている。それを支えているのが、コンテンツマーケティングにある。

ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

売上が2倍、3倍、10倍!? 越境ECの魅力はどこまで売れるか分からないドキドキ感

今週の要チェックはEC全般。「北海道お土産探検隊」さんの海外向けECは月間20万の売り上げから始まって、問い合わせにはエキサイト翻訳で対応して、と徐々にステップアップしています。

週間人気記事ランキング

Amazonプライム会員は映像作品が見放題/3年間で年商12億円のECサイトに成長した事例

Amazonプライム会員なら追加料金なしで映像作品が見放題になるサービスを始めるとアマゾンジャパンが発表。ギフトECサイトが3年で年商12億円まで成長した事例が人気を集めました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

起業資金12万円で3年後に年商12億円。男性向けギフトECサイトが急成長した秘訣

ギフトのECサイトで立ち上げから3年で年商12億円に急成長している米国のEC企業。その成長の秘訣(ひけつ)は、「売ることよりも、“売るための顧客ニーズ”を知ること」などにありました。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

安いだけじゃない。お客の心をつかむ価格戦略を「Amazon」に対抗する「Jet」に学ぶ

後編は、「Jet」のマーケットプレイスの中身を覗いて、そのビジネスモデルと同社が「オンライン上のどこよりも低価格で商品を提供する」という約束をどのように果たそうとしているのかを見ていこう。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

Amazonへ価格競争で逆襲か? コストコ的ビジネスモデルで勝負を挑む「Jet」とは

「Amazonへの逆襲か」「Amazonの最強の対抗馬候補」……米国のeコマース界隈でこのようにうわさされるスタートアップが注目を集めている。それは7月に正式オープンした「Jet」だ。今回はこの企業を2回に分けて紹介したい。

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

小さな会社もできるブランド作り。スタートアップの腕時計サイトが客を引きつけるワケ

「ShoreProjects」は、腕時計のバリエーションの乏しさという欠点を補うために、シーンや気分に合わせて簡単に外観を変更できる腕時計を販売。独自のブランド作りを模索し、ファンを増やしている

海外ECサイトの事例に学ぶ 売上UPのコツ

10か月で約20億円を売り上げた海外ECサイト。強者に勝つ逆バリマーケティングの事例

マットレスのECサイト「Casper」は、競合他社と比べて価格面での優位性は決して高くはない。しかし10か月で2014年度の売上高は2000万ドルを計上、「大勝ち」の情勢という。その秘訣とは?

単発記事

2000万人以上のアジア会員に海外ECでアプローチできる「Qoo10」が注目を集める理由

海外向けEC、いわゆる“越境EC”の盛り上がりを背景に、アジア展開を進めているジオシスが運営する「Qoo10」への興味・関心が高まっている。注目を集めるその理由を、ジオシス合同会社(Qoo10ジャパン)代表の金孝種(キム・ヒョウジョン)氏に聞いた。

特産品EC「和食エクスプローラー」がタイ向け越境ECを強化、ジェトロや地銀も支援

地方産品専門の越境ECプラットフォームを運営するゴハンスタンダードは6月2日、越境ECプラットフォーム「和食エクスプローラー」をリニューアルし、日本食の需要が高まっているタイへの越境ECを強化した。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing.
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム