アマゾン

アマゾンジャパン、「Prime Video」がプロボクサー那須川天心選手とスポンサーシップ契約を締結

アマゾンジャパンは「PrimeVideo」において、プロボクサーの那須川天心選手(帝拳ジム所属)とスポンサーシップ契約を締結。那須川天心選手のボクサーパンツにロゴを掲出するほか、さまざまなコラボレーションを展開していく。
鳥栖 剛[執筆]6/5 8:00210

アマゾンジャパン、セール企画「Amazon スマイルSALE」を5/31~6/3まで実施

セール企画「Amazon スマイルSALE」の期間は6月3日23時59分まで。
松原 沙甫[執筆]5/31 7:00110

アマゾン、「代金引換」の提供を6月5日までに取りやめ

「Amazon.co.jp」を利用する消費者は6月6日以降、「代金引換」は利用できなくなる
瀧川 正実5/27 7:001923415

Amazon、700万点以上の模倣品を突き止めて押収、悪質業者による70万件以上の新規出品アカウントの開設を事前に阻止

Amazonは2023年、模倣品や詐欺、その他の不正行為対策に12億ドル以上を投資したという
松原 沙甫[執筆]3/27 9:006161

Amazon、楽天、LINEヤフーのモール運営はどう改善された? どんな対応を求めている? 【経産省の「透明化法」評価まとめ】

「相乗り出品」スタイルの、他社製品との競争問題、無在庫転売、事前通知なしの販売手数料変更など、デジタルプラットフォームの課題は尽きない。経産省の発表から、改善状況や取り組みの評価をまとめる
高野 真維3/5 7:30250

アマゾンが送料無料ラインを2000円から3500円に値上げ。「Amazonプライム会員の利用価値がさらに高まる」の声

3月29日以降、通常配送の送料無料ラインを3500円以上に変更。Amazonプライム会員、Prime Student会員は、購入金額にかかわらずで引き続き配送料を無料で利用できる
瀧川 正実2/26 7:00780
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約3.6兆円、ドルベースは260億ドルで6.6%増【Amazonの2023年実績まとめ】

アマゾン日本事業の2023年(2023年1-12月)売上高は円ベースで3兆6662億8200万円。ドルベースでは260億200万ドルで前期比6.6%増
瀧川 正実2/8 9:0024173

Amazonの2023年売上高は5747億ドルで約12%増、日本円換算では約81兆円

セグメント別売上高では、直販にあたるオンラインストア売上は2318億7200万ドルで前年比5.4増。第三者販売サービス売上は1400億5300万ドルで同19.0%増えた
瀧川 正実2/2 9:00130
通販新聞ダイジェスト

ステマ規制に関するECモールの最新対策+今後の注意点まとめ

2023年10月1日からステマが景品表示法違反の対象に。大手ECモール各社の取り組み、ステマ規制のポイントをまとめた
通販新聞[転載元]2023/10/17 7:006220
通販新聞ダイジェスト

【EC売上ランキング2023年版】1位アマゾン、2位ヨドバシ、3位ZOZO、4位ヤマダHD、5位ビックカメラ、6位ユニクロ

「月刊ネット販売」が実施した2022度の売上高ランキングによると、300社の合計は前年調査と比べて2ケタ増となった。上位企業やジャンルごとの動向を解説する
通販新聞[転載元]2023/10/16 7:0016150

アマゾンジャパン、日本初の仕分け拠点「ソートセンター」を東京に新設

アマゾンジャパンが新設した「ソートセンター」は、商品保管、ピッキング、梱包するフルフィルメントセンターと、顧客への配送を行うデリバリーステーションをつなぐ仕分け拠点
瀧川 正実2023/9/15 7:30121

アイスタイル、Amazon内に「@cosme.SHOPPING」を2024年度中にオープン予定。「システム開発はおおむね完了」

アイスタイルが扱うブランドと現在、Amazonへの出品について交渉を進めている
瀧川 正実2023/8/22 9:0015260
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約3.2兆円、ドルベースは243億ドル(前期比5.7%増)【Amazonの2022年実績まとめ】

アマゾン日本事業の2022年(2022年1~12月)売上高は円ベースで3兆1958億7600万円。ドルベースでは243億9600万ドルで前期比5.7%増
瀧川 正実2023/2/8 7:3055262

Amazonの2022年売上高は5139億ドルで9%増。アマゾンの直販ECは前年割れに

営業利益は同50.8%減の122億4800万ドル。当期純損益は前期の333億6400万ドルから、2022年度は27億2200万ドルの損失に転落した
瀧川 正実2023/2/3 9:57781

Amazonマーケットプレイスで約15万社が商品を販売、平均売上高は1000万円超。FBA利用は約8万社【アマゾンの公開レポート】

アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は、「今後も日本に対する長期的なコミットメントを継続し、これまで構築してきた知識や仕組み、土台をさらに生かして、Amazonは産業界の一員として日本の経済や社会の長期的な発展につながる役割を果たしてまいります」とコメント
瀧川 正実2022/11/24 8:301660
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonが決済手段を拡充する理由とは。後払い、個人間送金サービス、今後は「Apple Pay」「Google Pay」も導入?

日本マーケットではアマゾンジャパンが2019年11月、「Amazon.co.jp」での買い物客向けに「ペイディ」を使った支払い方法を提供するなど、決済手段の拡充を進めている
Digital Commerce 360[転載元]2022/11/17 8:003910

Amazonフレッシュ、初の単独物流拠点「葛西フルフィルメントセンター」を開設

新設する物流拠点「Amazonフレッシュ 葛西FC」は、既存の「Amazon川崎フルフィルメントセンター」内の「Amazonフレッシュ」占有スペースに続く2つ目の「Amazonフレッシュ」専用物流拠点
石居 岳[執筆]2022/11/11 9:00140
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【送料無料が購買行動に与える影響】消費者1000人に聞いた商品購入の決め手&Amazon会員と非会員が期待すること(比較表あり)

シーズンを通して送料無料を戦術的に活用することで、収益を確保し、消費者の満足度を高めることができ、すべてにおいてWin-Winとなることができます
Digital Commerce 360[転載元]2022/9/29 9:00541
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンが始めるLTV向上支援策とは?Amazonマーケットプレイスの販売事業者向けに無料メールマーケティング機能

Amazonのメールマーケティング機能「Tailored Audiences」を使うと、リピーター(過去12か月間)、最近の利用顧客、高額消費者を分類、メールマーケティングを行えるようになります
Digital Commerce 360[転載元]2022/9/22 8:00160
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

マーケットプレイスに出店・販売するメリットとデメリットを考える

マーケットプレイスでビジネスを行う際、メリットデメリットもあります。一方で、米国ではマーケットプレイスで販売する小売事業者は、そうでない小売事業者に比べて、総合的にEC売上が高い伸びを示しているというデータもあります
Digital Commerce 360[転載元]2022/9/8 8:00250

アマゾンジャパンとアイスタイル、「Amazon.co.jp」上に「@cosme SHOPPING」を開設へ

アイスタイルは米Amazonに対し、25億円の新株予約権付社債(発行会社の株式を一定の価格で取得できる権利の付与された社債)と115億3823万円の新株予約権を割り当てる資本業務提携契約を、米Amazonと締結した
瀧川 正実2022/8/17 9:302130
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

広告売上3.4兆円のAmazon。Googleのインターネット広告シェア奪取を狙う戦略とは?

2021年のAmazonの広告収入は約3兆4000億円となり、インターネット広告市場で3位の規模となりました。ECプラットフォームとしての強みを生かすAmazonの広告戦略について解説します
森岡 健太郎2022/8/17 8:0062171
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

自社ECサイトでプライム会員の配送特典が受けられるAmazonの「Buy with Prime」でECの未来は変わるのか?

プライム会員の配送特典を自社ECサイトでも利用できるAmazonの「Buy With Prime」。このサービスの誕生でECの未来はどう変化するか? Shopifyとの関係性はどうなるのでしょうか?
森岡 健太郎2022/6/15 10:00133100

アマゾンが「Amazon.co.jp」の支払い方法に「PayPay」を追加。「Amazonポイント」「PayPayポイント」二重取りも可能

「Amazon.co.jp」の支払いで利用できるのは、銀行口座やATMなどからチャージした「PayPayマネー」と、特典やキャンペーンなどの適用でPayPay残高に進呈された「PayPayポイント」
瀧川 正実2022/5/11 8:00660
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

プライム会員の配送特典を自社ECサイトで提供できるAmazonの「Buy with Prime」とは

Amazonが提供するフルフィルメントサービスと決済サービスを組み合わせた新機能。。決済はAmazonのID決済サービス「Amazon Pay」を利用した決済体験を提供し、Amazonのフルフィルメントネットワークを活用して商品を配送する
瀧川 正実2022/4/28 10:008120
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

【米国の今に学ぶコロナ禍のデジタル広告投資】2021年4Qはオンライン広告コストが低下傾向、増えるTikTokへの出稿

コロナ禍が消費者の購買行動に影響を与え続けるなか、小売業のマーケティング担当者には、機敏な対応が求められています。米国の2021年第34半期における広告に関する数値をまとめました
Digital Commerce 3602022/3/17 8:00420
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾンが運営するアパレルの実店舗「Amazon Style」とは?

「Amazon Style」は2022年後半、アマゾンが初めて運営するアパレルの実店舗(ロサンゼルス)。最新テクノロジーを活用しているのが特徴
瀧川 正実2022/3/16 9:00862

「楽天」「アマゾン」「ヤフー」「au Pay Market」「Omni7」のEC利用者、利用回数はどのECサイトが多い?【ニールセン調査】

ニールセン デジタルの調査結果。PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルで最も利用者数が多かったのは「楽天市場」で5104万人が利用、「Amazon」が4729万人、「Yahoo!ショッピング」が2288万人だった
石居 岳2022/2/28 9:00990
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約2.5兆円、ドルベースで230億ドル【Amazonの2021年実績まとめ】

アマゾン日本事業の2021年(2021年1~12月)売上高は円ベースで2兆5378億1000万円。ドルベースでは230億7100万ドルで前期比12.8%増
瀧川 正実2022/2/10 8:0042163

米Amazonがプライム会員費を値上げ、年会費は119ドルから139ドルへ。理由は「賃金や交通費の上昇」「サービスの継続拡充」

米Amazonは、値上げの理由に、プライム会員特典の継続的な拡充、賃金や交通費の上昇をあげている
瀧川 正実2022/2/4 10:1013100

Amazonの2021年売上は4698億ドルで21%増、日本円で51兆円。直販ECは2ケタ増の2220億ドル、初公開の広告サービスは311億ドル

Amazonが2月3日に2021年度の決算を発表、新型コロナウイルス感染症拡大で売上高は好調に拡大している
瀧川 正実2022/2/4 10:0334160
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

コロナ禍のデジタル広告への投資、費用対効果はどう変わった?Google、Amazon、iOSアップデートの影響など広告状況まとめ

コロナ禍が消費者の購買行動に影響を与え続けるなか、小売業のマーケティング担当者には、機敏な対応が求められています。米国の2021年第3四半期における広告に関する数値をまとめました
Digital Commerce 3602021/11/25 8:0031123

アマゾンの「Amazonブラックフライデー」は11/26から。昨年比7倍の中小企業が参加

Amazon デバイス、家電、ホーム・オフィス用品、パソコン周辺機器など数十万種類の商品を特別価格で提供する
瀧川 正実2021/11/22 11:00670

Amazonの新たなプライム会員獲得策、スポーツ生中継へ進出。第1弾はボクシングミドル級統一戦ゴロフキン選手vs村田諒太選手

国内スポーツの生中継コンテンツの展開で、新たな会員獲得などにつなげる
瀧川 正実2021/11/18 9:00160
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「GoogleではなくAmazonで検索」して購入するネット通販ユーザーは約9割【アマゾン消費の最新情報】

2021年第3四半期に実施した最新調査では、Amazon利用者の88%が、直近の商品購入時にAmazonしか検討しなかったと回答している(Consumer Intelligence Research Partners社)
Digital Commerce 3602021/11/18 7:0016363

マンションのオートロックを配送業者が解除できるAmazonの「Key for Business」、10都道府県800棟以上のマンションに拡大

10都府県、800棟以上のマンションで「Key for Business」が利用できるようになった。対象地域は、北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡
石居 岳2021/11/16 8:0020122
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazonを利用する最大の理由は「品ぞろえ」。継続率9割を超えるプライム会員など【アマゾン最新情報】

2020年1月時点で1億5000万人だったAmazonのプライム会員は、2021年春時点で全世界で2億人を突破しました
Digital Commerce 3602021/9/30 9:008142
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

米Amazonがカード不要の後払い決済サービス「Affirm」を導入した理由

「Amazonが人気の後払い決済企業と提携するのは初めてのことだ」(シニアアナリスト)と言う。これによってAmazonは、平均注文金額と売り上げの増加が見込まれます
Digital Commerce 3602021/9/16 8:00450
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約2.2兆円【Amazonの2020年実績まとめ】

日本事業の2020年(2020年1~12月)売上高は円ベースで2兆1893億2700万円、前期比25.5%増。ドルベースは204億6100万ドルで前期比27.9%増
瀧川 正実2021/2/9 9:00108324

コンバージョンUP、新規顧客が増加! 決済からお客さまの購入体験を改善した家電ECの老舗ストリームの事例

家電ECサイト「ECカレント」などの大手EC企業ストリームが、「変わる消費行動への対応」「利便性向上」「買いやすいECサイト作り」を決済面(「Amazon Pay」の導入)から改善・対応した取り組みを解説
瀧川 正実2020/9/30 9:00761Sponsored

自社ECサイト1万社超が使う「Amazon Pay」とは? 決済の特長、事例、音声対応までを徹底解説

「Amazon Pay」の運用開始(2015年5月)から5年が経過し、導入企業数は1万社を突破。多くの自社ECサイトが使うID決済サービスの効果や実績などを解説
吉野 巨人2020/9/10 9:001131Sponsored
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

返品サービスの拡充が競争優位性&顧客体験の向上につながるワケ。消費者意識から見えるビジネスチャンスとは

スムーズな返品サービスの提供は小売事業者がビジネスを行う上で基本的なポイントになっています。そして、小売業が激変を続ける中、業界全体の変化を促進するためには、返品問題を解決するためのパートナーシップが重要になるでしょう
Digital Commerce 3602020/4/9 7:00550
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

Amazon内でクリック数向上&売上アップを実現するには? アマゾンの有料広告・レビュー・SEO戦略の基礎

Amazonでの販売を促進するには、有料のマーケティング戦略とオーガニックのマーケティング戦略の両方を完全に理解する必要があります。今回は、Amazonにおける広告の事例と、Amazonで購入した顧客に効果的にレビューを促す方法についてご紹介します。
Digital Commerce 3602020/4/2 9:00523
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

ウォルマートが始める有料会員サービス「Walmart+」とは。Amazonプライムとの差別化のカギは「実店舗」

Walmartは「Walmart+」という有料会員プログラムを開始する予定です。小売大手のWalmartは、その巨大な店舗網を活用し、Amazonには提供できない特典を提供するロイヤルティプログラムにするだろうと、専門家達は考えています。
Digital Commerce 3602020/3/19 9:001080
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない顧客体験を提供するには?キーワードは「柔軟性」「エコロジカル」「商品力」

多くの消費者はAmazonが提供する迅速な無料配送と、豊富な品揃えを評価していますが、同時に彼らはeコマース最大手の同社に懸念を抱いています。ユニークで本物の商品と持続可能なビジネスを展開できる競合小売事業者は、Amazonから顧客を奪うことができるかもしれません。
Digital Commerce 3602020/3/12 9:00670
大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ

アマゾン日本事業の売上高は約1.7兆円【Amazonの2019年実績まとめ】

ドルベースの売上高は160億200万ドルで前期比15.7%増(2018年の日本事業売上高は138億2900万ドルで、前期比16.1%増)
瀧川 正実2020/2/10 7:00144334

自社ECサイトも音声ショッピングに“手軽に”“開発知識なし”で対応できる環境が整った!「Amazon Pay」のスゴイ取り組みをサポートするアイピーロジックに話を聞いた

オープンソースのECパッケージ「EC-CUBE」を利用してECサイトを運営するショップオーナー向けに「Amazon Pay」が組み込まれた「Alexaスキル」を、“手軽に”“開発知識なし”“無料”で構築できるプラグインを開発したアイピーロジック。毛塚傑社長にその仕組み、開発に至った経緯などを聞いた
瀧川 正実2019/12/18 8:004361Sponsored

三陽商会、ドスパラ、ビジョンが実装した「Alexa」を通じて配送状況を知らせる「Amazon Pay」のスゴイ取り組み

「Amazon Pay」導入企業なら手軽に配送状況の音声通知が可能に
瀧川 正実2019/11/12 13:006673Sponsored
通販新聞ダイジェスト

アマゾンがスピード配送を縮小する理由

10月31日までに関東圏でも展開エリアを縮小、11月1日以降は都内10区(板橋・中野・北・豊島・文京・荒川・足立・新宿・練馬・杉並)の一部エリアのみの展開とする
通販新聞2019/10/9 10:0026211
海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンがeコマース市場を独占する理由【数字で見るAmazonの強さ】

米国のeコマース売上の約37%を獲得しているAmazon。成長の背景にはマーケットプレイスの拡大がある
Digital Commerce 3602019/9/19 8:003591

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]