現在地

アマゾン

単発記事

アマゾンが「Amazonフレッシュ」を開始、最短4時間で生鮮食品を届ける仕組みを解説

アマゾンジャパンが生鮮食品などを注文から最短4時間で配送する「Amazon フレッシュ(アマゾンフレッシュ)」をスタート。そのサービス内容や仕組みなどを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンはファッションジャンルも制するのか? オリジナルブランドの衣類が好調なワケ

米国のアマゾンが2016年から始めたオリジナルのファッションブランドの売れ行きが好調のようです。その要因は?

通販新聞ダイジェスト

アマゾンがBtoBのネット通販に本格参入? 今秋にも日本版アマゾン・ビジネスを展開か

アマゾンジャパンは今秋にも、企業のオフィスや工場、病院などで使用される各種の消耗品や商材などを販売する法人向けの専用通販サイトを新設するようです。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

Amazonマーケットプレイスの商品をSEO対策で上位表示する方法はありますか?

Amazonマーケットプレイスに出品している商品をSEO対策で上位表示させることは可能なのでしょうか? 

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

「Amazonスポンサープロダクト」のROASを最大化する3つのポイント

「Amazonスポンサープロダクト」は検索キーワードに連動して表示されるクリック課金型の広告。ROAS(費用対効果)を最大化するためのポイントとは?

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンの「グローバルストア」計画とは? 越境ECの言語・物流・価格の壁がなくなる日

中国のEC専門誌「ebrun」によると、アマゾンは消費者が全世界の商品を簡単に購入できる「グローバルストア」を開店させる予定だと報じています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンにも負けない、お客に支持される通販サイトがやっている4つの施策

商売に成功しているブランドは、Amazon(アマゾン)にはない差別化したサービスを提供しています。米国のEC企業が実践しているその秘訣(ひけつ)とは?

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない買い物体験を提供する方法とは? 米国EC企業3社の事例

Amazon(アマゾン)の有料会員制プログラム「アマゾンプライム」に対抗するにはどうするべきか? Target、Benefit Cosmetics、J.C.Penny、Best BuyといったECを手がけるEC小売事業者の事例を紹介。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

リピート客約9割のアマゾンに勝つロイヤリティ施策には何が必要? 米国ECの今に学ぶ

アマゾンの得意分野である価格競争力と利便性を重視する消費者が増える中、EC事業者は消費者に商品を購入してもらうためにはどんな努力が必要でしょうか? 米国の今を解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

スピード配送ではアマゾンに勝てない――ウォルマートがプライム対抗策を廃止した理由

Amazonプライムの対抗サービスとされていたウォルマートの配送サービスは、なぜ廃止に追い込まれたのでしょうか? その理由などを解説。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンに負けない自社ECサイトを作る5つのポイント

多くの中堅小売業者は、カスタマーエクスペリエンスやブランドストーリーでアマゾンより優れていますが、自社ECサイトでそれらのメリットをもっと明確に伝える必要があります。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アリババグループが物流を強化、世界最大級の貨物ネットワーク「WCA」と提携

アリババグループは、世界最大級の独立系貨物輸送ネットワークであるワールド・カーゴ・アライアンアス(World Cargo Alliance、WCA)と戦略的な提携を締結。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

「Amazonプライムの価値をより高める」アマゾン幹部らが語る会員向けカードの詳細

Amazonプライムの会員向けカードは、アマゾンの買い物で5%、レストランやガソリンスタンド、ドラッグストアでの利用で2%、その他の買い物で1%のキャッシュバックが行われます。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

やっぱり気になるアマゾンの動向。アメリカのEC関係者が2016年に最も読んだ記事16選

2016年に最も読まれた「インターネットリテイラー」の記事を見てみると、アマゾン関連の記事が上位にランクイン。サービス利用と同時に競合にもなるアマゾンに、米国では注目が集まっています。

通販新聞ダイジェスト

ついに「アマゾンフレッシュ」が日本参入か 来春に生鮮食品宅配を東京23区でスタート?

アマゾンジャパンが来春にも生鮮食品の配送サービス「アマゾンフレッシュ」を開始する模様。まずはアマゾン側で選んだ約40社の食品販売事業者の食品で展開する模様で今後、品ぞろえを増やしていくようです。

中国EC市場の最新ニュース・トレンド・マーケティング情報ウォッチ

アリババのジャック・マー氏「20年後にはECがなくなる」。中国から見た「Amazon Go」

アマゾンが始めた「Amazon Go」。アリババグループ会長のジャック・マー氏が、オンラインとオフラインが融合する「新しい小売」を提唱するなど、中国でもリアルとECの融合が話題にあがっています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

東南アジアで「アマゾンvsアリババ」6.2億人のECマーケット巡る熾烈な戦いが始まる

アマゾンが2017年に東南アジアへ進出する見込みが高いとされるなか、東南アジア最大のECサイトであるラザダが先制攻撃を仕掛けています。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾンvs.グーグルショッピングの価格競争。EC事業者は把握すべき価格検索の潮流

価格調査会社360pi社が750品目を対象に価格調査を実施したところ、グーグルショッピングよりもアマゾンで販売している商品価格が安かったのは25%にとどまりました。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

検索もアマゾンの時代? 5割超のユーザーは商品探しでグーグルよりもアマゾンを使う

オンラインマーケティング会社BloomReach社の調査によると、ネット通販利用者の多くがアマゾンで商品検索をしているため、検索エンジンや他のEC業者はシェアの落ち込みが続いているようです。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

シェア伸ばすアマゾン、落とすアリババ。数字で見る1.7兆ドルのグローバルEC市場の今

インターネットリテイラー社によると、グローバルEC上位企業のマーケットシェアに大きな変化が見られます。eBayとアリババは自国でのマーケットシェアを落とす一方、JD.comやアマゾンが自国でのシェアを伸ばしています。

いつも.のECコンサルタントが明かす、売り上げアップにつながるEC最新情報

アマゾンスポンサープロダクトなどで利用される売上高広告費比率「ACoS」の読み方とは?

アマゾンの売上高広告費比率を示すACoSという指標。アマゾン出品者なら自動で算出されるこのACoSをご存知かもしれませんが、ACoSってかな読みで何て読むの?意外と知られていない禁断の秘密をECコンサルタントが遂に解き明かしました!

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

アマゾン「プライムデー」の流通総額は? プライム会員数、他のEC企業の動向なども解説

流通総額は全世界で25億ドルだったと推測される2016年のアマゾン「プライムデー」。米アマゾンのプライム会員数、割引率の大きかった商品、顧客満足度などについてもインターネットリテイラー社が解説。

通販新聞ダイジェスト

アマゾン、全品送料無料中止の理由。ヨドバシカメラなど他社の動向は?

アマゾンジャパンが4月6日から、これまで実施してきた同社が発送する全商品を対象とした"送料無料"を中止しました。今回の方向転換の理由とは。またアマゾンが起こしたECにおける「送料無料の波」の行方は?

週間人気記事ランキング

Amazonプライム会員は映像作品が見放題/3年間で年商12億円のECサイトに成長した事例

Amazonプライム会員なら追加料金なしで映像作品が見放題になるサービスを始めるとアマゾンジャパンが発表。ギフトECサイトが3年で年商12億円まで成長した事例が人気を集めました。

通販新聞ダイジェスト

アマゾンが出店者向け新機能「商品紹介コンテンツ」を導入、訴求力の高いページ作成が可能に

アマゾンジャパンは出店者向けにアマゾン内で販売する商品について、画像などを用いて訴求力の高い商品詳細ページを作成できる機能「商品紹介コンテンツ」を6月から本格導入する。

単発記事

ほとんど知られていない「Amazon ログイン&ペイメント」導入の仕方とその詳細

自社ECサイトで「Amazon.co.jp」のアカウント情報を使って配送先指定やクレジットカード決済などができる「Amazon ログイン&ペイメント」。EC構築支援のプラットフォーム「FutureShop2」を提供するフューチャーショップが「Amazon ログイン&ペイメント」を実装し、9月1日にオプションサービスとして提供を始める。

自社ECサイトでアマゾンのログイン&決済機能が使える「Amazon ログイン&ペイメント」をリリース、アマゾンジャパン

アマゾンジャパンは5月11日、自社ECサイトで「Amazon.co.jp」のアカウント情報を使って配送先指定やクレジットカード決済などができる「Amazon ログイン&ペイメント」を、外部企業に対しての提供を始めると発表した。

通販新聞ダイジェスト

「Amazonポイント」の付与権限を出店者に開放したアマゾンジャパン。その反響と狙いとは?

アマゾンジャパンが“ポイント”による仮想モール事業の出店者支援策を強化している。今年2月には、これまでアマゾン直販商品に限定していた独自ポイント「Amazonポイント」の付与権限を出店者に開放。出店者も自由に自社商品にポイントを付けられるようにした。

2015年のEC市場を占う! 押さえておくべきポイントは?

売上アップを実現するために押さえておきたいアマゾンが考える2015年のEC戦略

アマゾンでは2015年どんなことに取り組んでいくのか。アマゾンジャパンのセラーサービス事業部事業本部長の星健一氏に聞いた。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

米ガジェットメーカー「Anker」の海外展開を支えるアマゾン物流サービス(FBA)活用術

海外展開を積極的に進めるAnkerの日本法人、アンカー・ジャパンの取り組みを井戸義経社長に聞いた。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

FBAの導入で2014年の売り上げは前年比2倍近くに増加した森永牛乳販売店の事例

「ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで成長している理由」の第7回は、森永牛乳の販売店を営む傍ら、森永乳業の長期保存が可能な牛乳や豆腐、健康食品などをネットで販売している森永牛乳常磐町販売店を紹介する。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

異業種からネット通販に参入、アマゾンが最も売りやすいと考えた

「Amazon.co.jp」で成長しているショップを取り上げる連載企画「ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで成長している理由」の第6回は、携帯電話用ケースなどを販売するジービーエスを紹介する。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

1年で全売上の30%以上をAmazonが占めるようになった

「Amazon.co.jp」で成長しているショップを取り上げる連載企画「ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで成長している理由」の第5回は、農業資材・園芸用品を販売するプラスワイズを紹介する。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

スーパーでは販売しにくい大型パック商品がアマゾンではよく売れる

「Amazon.co.jp」で成長しているショップを取り上げる連載企画「ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで成長している理由」の第4回は、ナッツやドライフルーツを販売する「神戸のおまめさん みの屋」を紹介する。同社は昭和23年創業の豆菓子メーカーで、原料や製法にこだわり、食塩は赤穂の自然塩、植物油は国産菜種油を使用している。こうしたこだわりが、商品のおいしさにもつながっているとリピート購入者が多い。運営するみの屋の堀主計代表取締役に話を聞いた。

ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで売れている理由

流通量の多いAmazonを選び多様な商品を販売

「Amazon.co.jp」で成長しているショップを取り上げる連載企画「ネットショップサクセスストーリー 私たちがAmazon.co.jpで成長している理由」の第3回は、野菜や花の苗を販売する「てしまSTORE」を紹介する。当初は中古本や、雑貨などを中心に販売していたが、11年に山口県に移住し、地元の農業生産法人の協力を得て、12年から野菜や花の苗の販売も開始。現在では年間1億円を売り上げるまでに事業を成長させている。龍慶介代表に話を聞いた。

特集・EC物流代行サービス

利用店舗拡大に向けてサービス強化を進めるアマゾン、楽天、ヤフーの物流サービス【物流代行サービス特集】

モール運営事業者による物流サービスを利用するEC事業者が着実に広がっている。アマゾン、楽天、ヤフーはそれぞれ自社の物流サービスを利用するEC事業者が増えているとしており、今後さらにサービスを強化し、さらなる利用者拡大を狙っている。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル