GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)の連結会社であるGMOペイメントサービスは2019年12月25日から、後払い決済サービス「GMO後払い」を導入するEC事業者向けに、自社のECアプリ上でコンビニ支払い用の電子バーコードが発行できる「スマホアプリタイプ」の提供を始めた。

EC事業者は、購入者が請求書を受け取ってコンビニへ持参する手間を省き、商品・サービスの購入から商品受け取りや支払いまでをスマホのみで行える環境が提供できるようになる。

「スマホアプリタイプ」は、コンビニや銀行などで代金を支払う後払いにおいて、従来の支払い用バーコードを請求書に印字して郵送する「払込票方式」に加え、自社のECアプリ上で電子バーコードを発行する、請求書不要の「電子バーコード方式」の選択を可能にした。

ECアプリを活用した、債権保証型後払い決済サービスの請求書不要の支払い方法は、日本国内で初めてという。

「スマホアプリタイプ」は、従来の「封書タイプ」「圧着ハガキタイプ」の払込票(請求書)を用いた支払い方法と異なり、ECアプリ上に発行される電子バーコードを用いてコンビニ支払いができるもの。

EC事業者にとっては、購入者が購入時だけでなく、商品受け取り・サービス利用後の支払いの際も自社のECアプリを活用するため、自社ECアプリの利用率向上やリピート顧客の増加が見込める。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム