よろしければこちらもご覧ください

ビックカメラは9月1日付で、8本部あった組織体制を経営戦略部門(戦略と投資の責任部門)、事業推進部門(事業推進の責任部門)、経営管理部門(コストと経費の責任部門)の3部門に集約した。

事業推進部門は、営業本部、EC本部、商品本部、ロジスティクス本部で構成。木村一義社長は事業推進部門について「商品、営業、ロジスティクスまでを一気通貫で行い、顧客志向型のサプライチェーンを築く」と説明している。

ビックカメラは9月1日付で、8本部あった組織体制を経営戦略部門(戦略と投資の責任部門)、事業推進部門(事業推進の責任部門)、経営管理部門(コストと経費の責任部門)の3部門に集約
新組織(画像は決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

事業を推進する事業推進部門トップには、8月末まで常務執行役員 EC本部長兼商品本部長だった秋保徹氏が事業推進部門管掌商品本部長(当時は常務)に就いた。なお、秋保氏は9月1日付で専務に昇格している。EC本部長にはEC事業部長だった儘田雅樹執行役員がEC本部長兼EC事業部長に就いた。

専務執行役員事業推進部門管掌商品本部長の秋保徹氏
専務執行役員事業推進部門管掌商品本部長の秋保徹氏(編集部が2019年に撮影)

連結EC売上高2000億円をめざすビックカメラは「O2O」「オムニチャネル」から「OMO」を掲げ、実店舗とECの融合に取り組みを進めている。2020年8月期連結決算におけるグループの連結EC売上高は、前期比約37%増の1487億円。EC化率は17.5%で2019年8月期比で5.4ポイント増加した。

ビックカメラグループの四半期ベースの連結EC売上推移
ビックカメラグループの四半期ベースの連結EC売上推移(画像は決算説明会資料から編集部がキャプチャ)

事業推進部門のトップにEC拡大の推進役を担った秋保氏を据え、連結EC売上高2000億円、デジタルとリアルの融合を進める。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム