よろしければこちらもご覧ください

フィードフォースが発表した「データフィード利用状況調査2020」によると、各企業の管理フィード数は平均4.7フィードで、2019年の調査結果から0.6ポイント増加した。ECサイトの6割以上が「Googleショッピング広告」を利用している。

ECサイトの6割以上が「Googleショッピング広告」を利用

Webサイトのサービス内容別に利用媒体を集計した結果、ECサイトでは「Googleショッピング広告」(67.0%)が最多。「Facebookカタログ」(50.0%)、「Criteo」(34.5%)が続き、上位3媒体は4位以下に大きく差をつけていた。

フィードフォース 調査 データフィード利用状況 データフィード ECサイトの媒体利用率
ECサイトの媒体利用率(2020年9月30日時点)

「Googleショッピング広告」の人気が上昇

フィード管理ツール「dfplus.io」で管理されているデータフィード数を媒体ごとに集計した結果、「Criteo」「Googleショッピング広告」「Facebookカタログ」が多く利用されている。

前回調査(2019年7月)時点では「Facebookカタログ」フィード数の方が多かったが、2020年にかけて「Googleショッピング広告」に配信するユーザーが増加、「Criteo」に次いで2位となった。

フィードフォース 調査 データフィード利用状況 データフィード 媒体ごとのフィード数推移
媒体ごとのフィード数推移(集計期間:2019年7月~2020年9月)

「Googleショッピング広告」はECの新規顧客獲得施策として人気が高い。企業のEC注力の傾向が高まっている中、新型コロナウイルスの影響とオンラインショッピング需要の高まりにより、さらに後押しされたことが利用増加の要因として考えられるという。

「Googleショッピング」タブの無料リスティングが日本国内でローンチされたこともあり、利用者はさらに増加する見込みだ。

1企業が管理している平均フィード数は4.7フィードだった。2019年8月に行った調査結果の4.1フィードから0.6ポイント増加、データフィードを複数の媒体や施策に利用する傾向が高まっているという。

フィードフォース 調査 データフィード利用状況 データフィード 1企業あたりの平均フィード数
1企業が管理している平均フィード数(2020年9月30日時点)

フィード管理ツール「dfplus.io」とは

「dfplus.io」は、「Googleショッピング広告」「Criteo」に代表されるダイナミック広告やInstagramショッピングなど、商品データを活用したマーケティング施策で必要となるデータフィードを簡単に作成・運用できるツール。

利用企業は広告用フィードのチューニングを管理画面から行うことが可能。連携先ごとに商品データを最適化するなど、さまざまな施策を実施できる。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

藤田遥

ネッ担編集部

保険系SE→ECサイト運営を経て、編集未経験でインプレスに入社し、ネットショップ担当者フォーラム編集者に。カレーとコーラが好き。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム