よろしければこちらもご覧ください

アマゾンジャパンは東海・甲信越・北陸・近畿地方を中心に「スーパーマーケットバロー」を239店舗展開するバローホールディングス(バロー)と協業し、2021年夏をめどに東海地方で生鮮食品のネット通販、最短2時間の配送サービスを始める。

「Amazonプライム」の会員向けサービスとして展開。バローの実店舗で取り扱う生鮮食品を販売していく。

アマゾンジャパンは東海・甲信越・北陸・近畿地方を中心に「スーパーマーケットバロー」を239店舗展開するバローホールディングス(バロー)と協業し、2021年夏をめどに東海地方で生鮮食品のネット通販、最短2時間の配送サービスを始める
「スーパーマーケットバロー」スタッフによる商品ピッキングのイメージ

Amazonとバローは2021年の夏をめどに、「Amazon.co.jp」のWebサイト、Amazonショッピングアプリ上にバローのストアをオープン。顧客からの注文後、バロー店内の専門スタッフが顧客に代わって商品を選び、Amazonの配送ネットワークで注文から最短2時間で注文商品を届けるサービスを始める。バローがAmazonに出店し、ネットスーパーを展開するビジネスモデルとなる。

まず愛知県名古屋市の一部エリアで開始した後、配送エリアを順次拡大していく。

アマゾンジャパンは東海・甲信越・北陸・近畿地方を中心に「スーパーマーケットバロー」を239店舗展開するバローホールディングス(バロー)と協業し、2021年夏をめどに東海地方で生鮮食品のネット通販、最短2時間の配送サービスを始める
商品配送のイメージ

東海地方におけるAmazonを通じた生鮮食品のオンライン販売・配送サービスの提供は今回が初めて。バローとしても、愛知県で一般顧客が個人単位で利用でき、自宅で商品を受け取ることができるネットスーパーの展開は今回が初となる。

アマゾンジャパンとバローホールディングスの協業イメージ動画(提供は、Amazon/バローホールディングス)

なお、Amazonはプライム会員向けサービスとして、東京・神奈川・千葉の一部エリアで「Amazonフレッシュ」を展開。食品スーパーのライフコーポレーションとの協業も進めている。

ライフコーポレーションは、Amazonを通じて実店舗で取り扱っている生鮮食品や惣菜を自宅などに届けるサービスを展開しており、2020年4月から順次配送エリアを拡大。Amazonを通じて実店舗で扱っている生鮮食品や惣菜を自宅などに届けるサービスでは、2020年10月21日から東京都7区を対象に「Amazon.co.jp」から注文できるようにした。同11月10日からは、同サービスを提供している全ての配送エリアのプライム会員の顧客が「Amazon.co.jp」から注文できるようにした。

11月12日には大阪府大阪市の5区(旭区、都島区、西淀川区、東淀川区、淀川区)と3市(吹田市、摂津市、豊中市)を配送エリアに追加。東京23区・4市、神奈川県2市、大阪府大阪市21区・3市(それぞれ一部エリアを除く)のプライム会員の顧客がAmazonを通じたネットスーパーサービスを利用できようにしている。

ライフのネットスーパーで構成するEC事業売上推移
Amazon経由のネット通販などを含むライフのEC事業売上推移と計画(画像はライフのIR資料から編集部がキャプチャ)

※記事初掲出時、バローの出店形態、およびライフの配送エリアに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。(3/11 13:00)

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]