よろしければこちらもご覧ください

ECサイト構築・運営のASP「FutureShop2」を提供するフューチャーショップは6月18日、同ASPをバージョンアップした。任意の広告トラッキングタグを設置できる機能を追加し、リターゲティング広告の「クリテオ(Criteo)」に対応。クーポン機能や画像ホスティング機能を中心に、運用面に役立つ機能改善を行ったとしている。

「FutureShop2」は1700店舗超が利用し、1店舗当たりの年間流通額は4000万円超。6月から海外EC向けのプラットフォームの提供も始めている。

今回リニューアルしたのは販促面などさまざまな機能。これまで設置できなかった広告トラッキングタグ仕様に対応し、クリテオを設置できるようにした。ユーザーの行動履歴に即した広告配信の活用が可能となる。

クーポン機能の改善では、クーポン利用時、カートに入れている複数商品の合計金額から定額・10%など定率の割引が行えるようになった。商品ごとの割引対象・非対称の設定を行う機能との使い分けで、「まとめ買い」や「ついで買い」が促進できる。

新規会員登録時の入力項目設定を省略する機能も追加。氏名・メールアドレス・パスワードの最少3項目で新規会員登録が行えるようにした。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]