よろしければこちらもご覧ください

システム開発のインターオフィスではEC構築パッケージ「Bravo!EC」を提供。既存のシステムとの連携で柔軟に対応するのが強みだ。基幹システムとの連携案件も多く手掛けているので、EC企業のオムニチャネル戦略にも柔軟に対応できる。

基幹システムの長年の開発ノウハウ生かして

同社の強みについて梶原稔尚社長は「既存のバックエンドシステムや他のシステムとの連携にある」と説明。もともとシステムの開発・運用に強みを持っており、既存システムと連携する際に柔軟に対応が可能だと話す。

「ウェブ制作の会社ではこうしたことは難しいが、大規模な基幹系システムの開発を長年手掛けてきたからこそ、対応が可能だ」(梶原社長)。

現在、「Bravo!EC」のパッケージを利用している企業もこうした既存システムとの連携を重視するケースがほとんどという。既に実店舗向けの基幹システムがあり、ネット通販システムと連携させるといった案件で選ばれるケースや、電話受注が中心の通販企業がネット通販を強化するために同社のパッケージを選ぶ企業が多い。

「長年培ってきたシステム開発のノウハウがあるからこそ、要求に対して柔軟に対応できる点も評価いただいている」(同)と言う。

システム面の整理のためのリプレイス案件も多い。「リプレイスする際、パッケージ提供会社の多くがデザインを一から見直そうと提案するケースが多いだろう。当社では、既にしっかりとした戦略の基で作っているサイトであれば、デザインの変更はお勧めしていない。システムだけを既存システムと連携させたり、カスタマイズしやすいように整理するなど、システム面だけを強化することで、料金も安く、リプレイスが可能になる」(同)。

既存システムとの連携に強みがあるので、EC企業のオムニチャネル戦略にも柔軟に対応。「顧客情報の連携やポイント連携など、オムニチャネルを進めていく上で必須の機能は用意している。実績を含めこうした強みを宣伝していきたい」(同)と説明する。

「Bravo!EC」以外に、ヘアサロン向けにiPadを活用したPOSレジシステム「StoreTouch(ストアタッチ)」を提供している。ストアタッチでは、会計以外にも顧客情報が管理でき、顧客が過去にどんな髪型を注文したかなどを写真と合わせて登録できるようにしている。これをEC向けにも連携させていく。

「例えば、アパレル企業の実店舗などで、過去にネットや店舗で買った商品を見ながらお勧めしたり、コーディネートできる商品を入荷した場合にお勧めするなどといった使い方ができるのではないかと考えている」(同)。

現在、CtoC向けサイトを構築するシステムの開発に着手。リリース後はこのシステムの拡販も併せて強化していく考えだ。

梶原稔尚社長
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

中川 昌俊

ネットショップ担当者フォーラム編集部

ネットショップ支援会社を中心にEC業界にかかわる企業や人を取材していこうと思っています。

読んで少しでも経営に役立ったり、なるほどと言ってもらえるような記事の執筆を心がけます。

記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム