現在地

オンワードホールディングスの2017年2月期におけるEC売上高は、前期比25.9%増の150億2100万円だった。国内売上高は同22.8%増の139億4000万円で、海外売上高は同86.4%増の10億8100万円。

2016年4月に公表した3か年計画でオムニチャネル化の推進とEC事業の強化を発表したオンワードHDでは、EC事業が好調に推移している一方、国内の店頭売上高は同11.4%減の1879億4700万円に落ち込んでいる。

国内EC事業は「店頭とECの積極的な在庫共有」「オンライン限定商品の拡充」「ブランドサイトのリニューアル」「メルマガ配信の強化」などに取り組んだ。

その結果、国内のオンワードメンバーズ会員は160万人を突破。ブランド別では主力の「オンワード樫山」のEC売上高が同28%増の110億円へと大幅に増加している。

グルメサイト「オンワードマルシェ」を新たに開設し、食料品や嗜好品の販売に乗り出すなど、アパレル以外のECも推進した。

海外事業は欧州や中国の大手ECモール事業に注力。欧州では「ジョセフ」のEC売上高が約1.3倍に増加。中国では「天猫(Tmall)」で「23区」や「ローズブリット」の販売を開始し、売り上げを伸ばしている。

オンワードホールディングスの2017年2月期におけるEC売上高は、前期比25.9%増の150億2100万円

2017年2月期のEC売上実績(資料は編集部が決算資料からキャプチャ)

2018年2月期のEC売上は210億円を計画

2018年2月期におけるEC事業の売上高計画は、国内外の合計で前期比40%増の210億円。国内EC売上高は前期比38.7%増の193億4000万円を計画している。

「アイランド」のECサイトをリニューアルし、店頭とECの在庫一元化も実施する。また、グループ会員の統合を進めて顧客基盤を強化し、期末までにオンワードメンバーズ会員を210万人まで引き上げる。

海外事業のEC売上高は同53.6%増の16億6000万円を計画。国内ブランドのECサイトの多言語化や他通貨対応などを進める。

一方、国内の店頭売上高は1778億3700万円と前期比5.4%減を予想。店頭売上の減少幅をECが補っていく構図になっている。

オンワード、ネット通販の強化&リアル店舗の大規模整理へ

オンワードHDの中期3か年計画(画像は編集部が資料からキャプチャ)

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!