ヤフーが7月27日に発表した2018年4~6月期(第1四半期)連結決算によると、「ショッピング事業」の取扱高は前年同期比約25%増の1752億円だった。同事業は「Yahoo!ショッピング」とアスクルの日用品通販「LOHACO」、ペット用品ECを手がけるチャームの取扱高を合計したもの。

ヤフーのショッピング事業取扱高
ショッピング事業取扱高

また、「ヤフオク!」の取扱高は同0.6%増の2176億円、アスクルのBtoB事業は同約49.4%増の616億円。

これらのほか、その他物販を合計したeコマース取扱高(物販)は同約10%増の4699億円だった。

ヤフーのeコマース取扱高(物販)
eコマース取扱高(物販)

なお、ヤフーは今期からeコマース取扱高の定義を変更。従来の「eコマース国内流通総額」は「eコマース取扱高」に変更。物販は「ヤフオク!」「ショッピング事業」「アスクルBtoB」「その他」に分けた。

「Yahoo!トラベル」やデジタルコンテンツなど物販以外も新たに定義している。

ヤフーのeコマース取扱高の定義
2019年3月期からのeコマース取扱高の定義

ショッピング事業のけん引役、「Yahoo!プレミアム」は2000万ID突破

月額462円の会員サービス「Yahoo!プレミアム」会員のID数は、2018年6月末時点で2043万ID。

「Yahoo!ショッピング」の売り上げの多くを「Yahoo!プレミアム」会員が占めている。2018年3月期における「Yahoo!ショッピング」の取扱高の内、「Yahoo!プレミアム」会員による取扱高比率は72%を占めた。

ヤフーの「Yahoo!プレミアム」会員ID数
「Yahoo!プレミアム」会員ID数

ソフトバンク会員の「Yahoo!ショッピング」の利用率に伸びしろがあることを踏まえ、2018年もソフトバンクユーザーを「Yahoo!ショッピング」に呼び込む施策を継続する。常務執行役員コマースカンパニー長の小澤隆生氏は2018年3月の戦略共有会で、「ソフトバンク スマホユーザーならポイント10倍」を継続すると宣言している。

この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

渡部 和章

ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム