よろしければこちらもご覧ください
  1. 「体験こそがブランド価値」「3年後を見据えた動画作り」。Takram佐々木氏×クラシコム青木社長が語る「ECの未来」【第3回】

    小売りやEC企業のためのブランディング、動画への投資はどのように考えればいいのか? そんな課題を解決するためのヒントが見えてくるクラシコム青木耕平社長×Takram佐々木康裕氏によるディスカッションを紹介【全3回】

    2020/11/24
  2. 「結局のところD2Cってなんなの?」という人のために、できるだけ簡単に説明します。【ネッ担まとめ】

    ネットショップ担当者が読んでおくべき2020年11月16日〜22日のニュース

    2020/11/25
  3. アパレル・コスメ市場のブランドが進めるデジタルシフトの現状と課題とは

    矢野経済研究所は、「セレクトショップブランド」「D2Cブランド」「認知型ブランド」というブランドタイプに分類。デジタルマーケティング戦略を比較した

    2020/11/24
  4. ECモールの利用経験は9割超。メーカー・ブランド直販は約4割で、不満は「送料が高い」「サイズがわからない」

    【ネオマーケティングの調査】これまで利用したこのとある通販サイトは「楽天市場」「アマゾン」などのECモールと回答した割合が94.2%。メーカーやブランドの直販サイトの利用は40.9%。3番目に多かったのは家電量販店で33.1%

    2020/11/20
  5. デジタルマーケ部門が働くトランスコスモスの「withコロナ時代の新オフィス」【探訪記】

    新オフィスのコンセプトは「自由な発想、各自が新たな刺激を受け、社員同士で作り上げていく活動の場」。デジタルマーケティング部門のスタッフのみが出社するというコロナ後の新しい働き方を推奨する新オフィスを取材しました

    2020/11/24
  6. コロナ不況の今だからこそ次の一手を! 「D2C」×「サブスク」をやるべき理由と勝利の原則

    ネット通販(D2C)×定期コース(サブスク)における「勝ち組の方程式」と「負け組の方程式」を加藤公一レオが解説

    2020/11/24
  7. 「接客は、お客さまという”仲間”を増やす接点作り」。アダストリアがスタッフの“接客力”磨きに力を入れる理由【接客大会を取材】

    アダストリアが開いた3回目の「接客大会」。アダストリアの福田三千男 代表取締役会長兼社長は、「私はリアル店舗は必要だと考えている。なぜならブランド力を発信できるからだ。接客は、お客さまという”仲間”を増やす接点を作ることだ。たくさん売ることが目的ではない」と接客の重要性を語った

    2020/11/25
  8. 店頭タブレットで商品を選んで決済、商品は自宅に配送する上新電機の新しい買い物提案「スマートショップ(スマショ)」とは

    「スマショ」は、専用の注文用タブレット端末を用いて「ネット通販だけでは1人で決められない」といった顧客の不満を解決する「次世代の買い物スタイルを提供するコーナー」。「スマショ」で注文した商品は、そのまま店頭で決済でき、商品は自宅に配送する

    2020/11/25
  9. 新規客との関係を築くマーケティング。 リスティング広告、ディスプレイ広告、アフィリエイト、インフルエンサー

    『EC通販で勝つBPO活用術』(高山隆司/佐藤俊幸 著 ダイヤモンド社 刊)ダイジェスト(第3回)

    2020/11/25

    ※期間内のPV数によるランキングです。一部のまとめ記事や殿堂入り記事はランキング集計から除外されています。

    この記事が役に立ったらシェア!
    よろしければこちらもご覧ください
    記事種別: 

    ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

    [ゴールドスポンサー]
    ecbeing.
    [スポンサー]