よろしければこちらもご覧ください

ECサイト専用のマーケティングオートメーション・CRMツール「EC Intelligence」の開発・提供を行うシナブルは、EC担当者460人に対して自社ECサイトの課題を調査した結果を公開した。

EC担当者に「自社ECサイトにおける課題」を聞いたところ、トップは「売上拡大」で47.0%。次いで「新規顧客獲得」が43.5%、3位は「商品・サービスの企画/開発」で40.2%だった。「コスト削減」は37.4%。

シナブルの調査「⾃社ECサイトの課題」 自社ECサイトにおける課題
自社ECサイトにおける課題

SNSへ広告を出稿している担当者を対象に、広告効果が高いと感じるSNSを選んでもらった結果、「You Tube」が58.9%で最多。「LINE」「Twitter」「Instagram」が各52.8%で続いている。

「You Tube」が最多だったのは、動画視聴者の興味関心に対してリーチができるといった特長が、広告効果に貢献しているようだ。

シナブルの調査「⾃社ECサイトの課題」 広告効果が高いと感じるSNSについて
広告効果が高いと感じるSNSについて

自社ECの公式SNSアカウントを保有する担当者に、運用による効果が高いSNSを聞いた。トップは「Instagram」で47.4%、2位は「You Tube」で42.2%、3位は「LINE」「Twitter」でそれぞれ41.4%だった。

シナブルの調査「⾃社ECサイトの課題」 運用による効果が高いSNSについて
運用による効果が高いSNSについて

新型コロナウイルス感染症拡大によって、より重要度が増した自社ECサイトの取り組みについて聞いたところ、「ECサイトの機能強化や改善」が37.5%でトップ。「新規客の増加」が35.0%、「業務の効率化、標準化」が32.8%、「リピートの増加」が32.2%と続いている。

新型コロナウイルスの感染防止に伴う外出制限などで、ECを利用する人は増加。こうした背景から、機会損失を防ぐためにサイトのUI/UXを見直す機運が高まっている。

シナブルの調査「⾃社ECサイトの課題」 重要度が増した自社ECサイトの取り組みについて
重要度が増した自社ECサイトの取り組みについて

調査概要

  • 調査期間:2021年3月23日~27日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査対象:自社ECサイトを所有する企業のEC担当者(主にBtoC事業に携わる)
  • 回答者数:460人
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

石居 岳

石居 岳(いしい・がく)

フリーライター、ジャーナリスト。

ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
ecbeing.
[スポンサー]