非常食などをネットで販売している東和食彩は、大手食品メーカーからの委託加工生産を中心に事業を展開しているが、その製造特許を生かして、非常食の製造を始めた。特徴は非常食でありながらリーズナブルでおいしさを追及している点にあるという。太田久美子社長にAmazonで販売を始めた理由や今後の展開などについて聞いた。

注文が集中してもFBAで対応してくれるため助かっている

東和食彩・太田久美子社長

ーー御社の非常食はおいしさを追及しているということですが。

非常食製造は以前から行っていました。ただ、以前の非常食は今のようにおいしさを追求したものではありませんでした。2011年の東日本大震災の時に、救援を行う自衛隊の食事の製造を行い、隊員の方たちは、寒さの中で立ったまま食事をされていたと聞き、水や電気、ガスのない場所でもおいしく食べられる非常食の必要性を感じました。それを期に、非常食の研究に力を入れるようになり、おいしく、体に良い非常食の開発に取り組んできました。いまでは、非常食でありながらおいしいということで、備蓄用にいろんなところから注文が増えてきています。

ーーAmazonで販売しようと思われたのはなぜですか?

当社は大手食品メーカーの委託加工生産が中心だったため、小売販売や直販の知識を持っていませんでした。カタログ通販会社のカタログに掲載させていただいたこともありましたが、カタログでは掲載が終われば、注文が入らなくなるため、安定した受注ができません。ホームセンターなどから個別に受注を受け、製造した商品が大量にキャンセルされることもありました。

良い解決策はないかと考えていた時に、Amazonでも食品を販売できることを知り、販売の手間が少ないこと、そしてAmazonの集客力に魅力に感じ、Amazonで販売を始めました。

ーー実際にAmazonでの販売状況はどうですか。

最初は売れない期間もありました。ただ、徐々に注文が増えてきており、今ではカスタマーレビューで良い評価をいただき、順調に売り上げを伸ばしています。大手食品メーカーへの納品実績から品質には自信がありましたので、あまり知られていない商品でも、良い商品とわかっていただければ売れることがわかりました。自社のオリジナル商品を多くのお客様に喜んでいただいていることは、とてもうれしく、励みになります。

非常食はこれまで、防災の日などの特定の時期にしか販売する機会がなかったのですが、インターネット販売であれば時期に関係なく、年間を通じて販売することができるのもうれしいですね。

また、非常食はどこかで地震が起こったときなどに防災意識が高まり、急に注文が増える傾向にあります。Amazonでは商品管理と発送も行ってくれるフルフィルメントby Amazon(FBA)も利用できるので、注文が集中しても対応できますのでとても助かっています

ーー今後の展開を聞かせてください。

最近では、非常用としてだけではなく、ストックしながら日常的にお召し上がりいただく常備食としてご利用いただくお客様も増えてきています。そのため、栄養士や調理師と共に、味、栄養バランスにも配慮した商品づくりに一層励んでいます。工場での生産は回転率が向上すれば、商品単価を低くできるので、Amazonでの販売量を増やし、もっとリーズナブルな価格で非常食をご提供し、お客様にも喜んでいただけるようにしたいと考えています。

イチオシの「備蓄用野菜たっぷり豚汁」

事業者概要

  • 販売サイト名:東和食彩ネットショップ http://amzn.to/1xSPkV3
  • 本社所在地:三重県鈴鹿市
  • Amazonでの販売開始時期: 2012年9月
  • 販売カテゴリー:食品&飲料、ホーム&キッチン
  • 利用サービス:Amazon出品サービス/フルフィルメントby Amazon (FBA)

よろしければこちらもご覧ください
  • Amazon出品サービスについて詳しくはこちら
  • Amazonのサービスを利用することで活躍している人物・企業を紹介するAmazon Storyはこちら
この記事が役に立ったらシェア!
記事カテゴリー: 
記事種別: 

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム