現在地

tweet16はてなブックマークに追加

ファッション系企業を中心に、ブランドサイトとECサイトを統合する動きが広がっている。直近ではゴールドウィンやユナイテッドアローズなどがサイトを統合した。

ブランドに関する情報発信とショッピング機能の提供を一体的に行うことで、買い物体験の向上を図っている。

スポーツウェアなどの製造販売を手がけるゴールドウィンは8月8日、これまで個別に運用してきたブランドサイトとオンラインショップ「GOLDWIN WEB STORE」を統合。商品の情報と、ブランドや店舗に関する情報を集約。顧客が情報収集から買い物までシームレスに行えるようにした。

直営店舗のスタッフブログや、SNSアカウントなども連携済み。店頭でのイベントやキャンペーン、直営店舗の情報など幅広い情報を提供していくことで、デジタル情報のハブとして、顧客とのコミュニケーションの基点にする。

ゴールドウィンは中期経営計画の重点課題として、EC販売の拡大を掲げている。その具体的な施策として、今回のサイト統合を実施した。

ブランドサイトとECサイトを統合したゴールドウィン
ブランドサイトとECサイトを統合したゴールドウィン

ユナイテッドアローズも2017年4月、オンラインショップ「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE(UAオンラインストア)」とブランドサイトを統合した。これまでブランドサイトで発信していた特集記事や、店舗スタッフが商品を推薦する「スタッフレコメンド」などのコンテンツをECサイトに掲載。情報発信とショッピングを融合することで購買促進を図っている。

2016年9月にはビームスが、直営オンラインショップ「BEAMS Online Shop」と、商品やイベント情報などのニュースを発信する「BEAMSオフィシャルサイト」を統合。検索エンジンなどからの流入を一本化し、ECサイトの売り上げ拡大につなげている。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. 株式会社いつも
[スポンサー]
株式会社アイル Wowma!