中国で行われているネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)で、中国のECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)が、スタートから1時間3分59秒で1000億人民元に達した。

1元=15.6円で換算すると1兆5600億円もの取扱高が1時間で発生したことになる。

中国で行われているネット通販の買い物の祭典「独身の日」(W11、ダブルイレブン)で、中国のECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)の取扱高(GMV)が、スタートから1時間3分59秒で1000億人民元に達した
取扱高がスタートから1時間3分59秒で1000億人民元に達した。2018年はスタートから1時間47分26秒後

2019年は過去最高となる2135億元(日本円で3兆4160億円、1元16円換算)の取扱高を記録した。

アリババグループは10月21日から中国国内向けECモーで事前の予約販売をスタート。決済は「独身の日」当日に行われる。取扱高のうち10億米ドル(70億人民元)がAlipayを通じてスタート後68秒で決済されたという。

スタート1時間内で発生した取扱高において、中国向けに販売している上位10の国・地域は次の通り。

  1. 日本
  2. 米国
  3. 韓国
  4. オーストラリア
  5. ドイツ
  6. イギリス
  7. フランス
  8. イタリア
  9. カナダ
  10. ニュージーランド
この記事が役に立ったらシェア!
ニュース分類: 
記事カテゴリー: 

瀧川 正実

ネットショップ担当者フォーラム編集部 編集長

通販・ECに関する業界新聞の編集記者、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、現在に至る。EC業界に関わること約13年。日々勉強中。

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム