よろしければこちらもご覧ください

アパレルウェブは4月21日、取引先を中心とするファッション企業における2020年2月・3月のECサイト売上などが、新型コロナウイルスの感染拡大によってどう推移しているかを調査し、その結果を発表した。

全体の傾向は2月3週目を除き、売上高は2019年実績を上回っている傾向が見られた。一方、顧客1人あたりの購入金額を示す客単価は2月3週目以降、2019年を下回っている。ECサイト上でセールや割引施策を、前倒しで行ったことが要因として考えられる。

ファッション企業における2020年2月・3月のECサイト売上などをアパレルウェブが調査 全体の推移

アパレル系ECに分類して見ると、各指数の伸び率の平均値は、全体傾向と同じく2月の3週目に一度落ち込んでいる。2月3週目以降の売上高は回復傾向。売上高の回復と並行して、訪問数も増加し続けており、外出自粛の波が強まる中、ECサイト訪問客の増加との関係性も見える結果となった。

ファッション企業における2020年2月・3月のECサイト売上などをアパレルウェブが調査 アパレル系の推移

ファッション雑貨系ECサイトは、3月2週目に伸び率が一時的に大きく上がり、購入率が137%、売上は150%となった。複数企業のクーポン施策、コラボレーションアイテムの販売などが重なったことが要因になったという。その反動から3月3週目の売上高は2019年を下回るが、4週目には再び回復している。

ファッション企業における2020年2月・3月のECサイト売上などをアパレルウェブが調査 ファッション系雑貨の推移

調査概要

  • 調査タイトル:2020年度ファッション企業における自社ECの推移
  • 調査対象:アパレルウェブの取引先を中心としたファッション企業
  • 調査日時:2020年2月3日~3月29日、2019年2月4日~3月31日の比較
  • 調査方法:Googleアナリティクスからの数値集計による調査
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください

ネットショップ担当者フォーラムを応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[ゴールドスポンサー]
楽天株式会社 eBay(イーベイ) ecbeing. Qoo10 Nint
[スポンサー]
株式会社アイル auWowma! クリームチームマーケティング合同会社 ユーザグラム